デイリーライフ

生活に役立つ様々な情報や体験談をお伝えしていきます。

ライフ 体験談

日本酒が苦手な僕が考えた美味しく飲むためにした工夫

日本酒が苦手な僕が美味しく飲むためにした工夫 -お品書きー美味しく飲むにはアレを入れる 日本酒嫌いになった理由は? 日本酒で悪酔いしないための手段

ある日、友人から日本酒を1ビンもらいました。

720mlではなく、一升瓶(1800ml)!

全国でも有数の酒処で生まれ育った僕は、当然と言えば当然なのか、日本酒好きだと思われがちです。

が、僕はものすごく日本酒が苦手です!いつも飲むのはウィスキーです。1:1の水割りです。

アルコール度数は日本酒よりも遥かに高いウィスキーを毎夜飲んでいることもあり、だったらなおさら日本酒も好きでしょ?って思われてしまいます。

ですが、日本酒は苦手なんです。

普通に飲むと、100%悪酔いします。グラスに2杯ぐらいで翌日に響きます。量にしても合計して50mlぐらいでしょう。

ウィスキーなら安眠効果程度の量であっても、普通に日本酒を飲むと100%悪酔いします。

でも貰い物ですからね。料理に使うことを毎回考えますけども、それは失礼かな?と思います。同じ状況ならあなたはどうしますか?

あと日本酒って、祝いの席で飲まなくてはならない状況があると思うんです。だからこれからお話することを覚えておいて損はないでしょう。

と言うことでこれから、僕と同じように日本酒が苦手なあなたが、日本酒を美味しく飲む方法をお伝えします。

スポンサーリンク

日本酒を美味しく飲むにはアレを入れるとよい

さっそく本題。日本酒を美味しく飲んで楽しむために僕が行った工夫について。

それは氷を入れること。

…ものすごく簡単だと思いましたか? それとも日本酒に氷なんて邪道だと思いましたか?

ただ、そんなことはありません!

日本酒に対する先入観は捨てましょう!升にコップを置き、溢れるほどにお酒を注ぐ必要はありません。

升に日本酒を入れ、飲み口の反対側に塩を盛る必要もありません。

最近、日本酒はもっとカジュアルなアルコールドリンクになっています。特に甘口のお酒なんて、氷を入れて飲むとワインのような口あたりとなります。

口に含んで、ノドに流す。すると、鼻の奥に果実酒のような甘い香りが残ります。そのまま、甘口の日本酒を飲むよりも氷を加えるだけで、その味わいはフルーティーなものへと変化します。

もちろん、酒造メーカーさんが試行錯誤し、時代に合った日本酒を作っているからかもしれません。若い世代のアルコール離れが叫ばれているわけですし。

辛口のお酒はどうか?

甘口は氷を入れることで、日本酒特有の甘みが強調され、フルーティーな飲み口に変わります。では辛口はどうでしょうか?

もちろん辛口の日本酒にも氷を入れることで、飲み口に変化が起こります。

キレが強調され、さっぱりとした飲み口になります。キューっと熱燗を…って表現を聞くことがあります。

僕は辛口の日本酒に氷を入れることって、このキューっという表現がぴったりな気がしています。

氷を入れて感じた変化のまとめ

  • 甘口の日本酒は、ワインのようにフルーティーな飲み口に変化。甘みがより強くなり、僕が苦手な日本酒の甘ったるさが気にならなくなった。
  • 辛口の日本酒は、キレが強調され、キューっとした飲み心地に変化。すっきりとした後味で、僕が苦手な日本酒の後味が気にならなくなった。

つまり!日本酒が苦手な人なら、一度は試してほしいってこと!

日本酒が嫌いになった原因はなんですか?僕の場合は…

あなたが日本酒嫌いになった原因はなんですか?

僕の場合は、単純に飲みすぎたからです。それも1日で。

まだお酒を飲み始めて時間が経っていない頃のことです。

バイト先の先輩方と居酒屋へ行き、ビールから始まり、酎ハイ、そして日本酒とひたすら飲みまくりました。

ビールに関しては、特に気になるレベルではなかったのですが、日本酒を飲みまくった結果、倒れてしまい、それ以来、日本酒を体が受け付けなくなったわけです。

まー翌朝、体が痺れていたぐらい飲んだので、そうなるのも当然かと思います。

もしかしたら、あなたが日本酒を嫌いになった原因も僕と同じようなことかもしれません。

単純に味が受け付けないって人もいるでしょう。

そもそもお酒が苦手だから、日本酒でもアルコールが強いと感じる人ももしかしたらいるかもしれませんね。

日本酒の嫌な部分のみが気になるようになる

日本酒を飲みすぎてからも度々飲む機会がありました。しかしその度に、日本酒の嫌な部分だけが気になるようになりました。

お米の甘さがイヤ!

日本酒の原料はお米です。熟成してお酒に生まれ変わる際、その甘みは姿を変えて強調されます。

全国でも有数の酒処であり、お米が有名な県を故郷に持つ僕は、白米の甘さは大好きです。特に新米の甘さは塩だけでも美味い!

日本酒を作るのは酒米であり、普段私たちが食べるお米とは違います、それでも美味しいはずの甘さが、日本酒に生まれ変わった時、甘ったるく感じる要素となります。

特に日本酒が嫌いな僕にとっては、この甘さが非常に気になりました。

まったりとした飲みごたえが苦手!

日本酒が一番苦手だったこと、すっきりとしてキレのある銘柄のはずなのに、まったりと感じました。

それはビールや酎ハイと比べてそう感じたわけですが、これが非常に気になりました。

日本酒が苦手だと自覚している人にとって、この2点は恐らく共通して感じる気になる部分でしょう。

それを重々承知した上で、僕は氷を入れる対策をご紹介しています。

少なくとも僕が苦手だった日本酒が、美味しく飲めるようになった事実。

一度、確かめて欲しいなーと思います。

スポンサーリンク

日本酒で悪酔いしないために取っていた手段

最後に氷を入れて日本酒を飲むようになる前、僕が悪酔いしないためにどのような対策を取っていたかをご紹介しましょう。

すでにやってるよー!ってこともあるかもしれません。

でも効果がいまいちだなー…日本酒苦手なままだし…って感じているなら、やっぱり氷を入れて日本酒を飲む飲み方をお試しください。

お茶や水を飲む

アルコールの血中濃度を増やしすぎないことで、悪酔いしない!頭痛が起きない!二日酔いにもなりにくい!など、お酒自体が苦手な人にも有効なこの対策。

僕に当てはめれば、お酒自体は好きだけど日本酒を飲む場合は悪酔いしないように…って、意識して水やお茶を飲むようにしていました。

日本酒を口に含んだら、次は水かお茶。交互に飲むのがオススメです。

たいていの居酒屋さんでは、ウーロン茶がメニューにありますしね。お酒に弱い人も日本酒が苦手な人もこの方法は有効です。

どうしてもお酒を飲まなければならない状況では、この水ORお茶の併用のみで対処しましょう。

ちなみにお酒を飲んでいる最中、頭痛が起きる人!

あの嫌な頭痛対策にもオススメですよ。

飲む前に乳製品を口にする

悪酔い対策によく聞く方法です。もちろん、日本酒による酔い対策にも活用できました。

牛乳やチーズがベターですね。お酒を飲む前に口にしておくと、胃に膜を張るとかなんとか。

実感としては、あまり効果を感じることはできませんでした。

日本酒を含めたお酒全般の飲み方が悪いのか、牛乳&チーズの量不足なのか、その両方か。

僕自身の感覚では、飲み方が悪いですね。笑

飲み方をセーブすれば十分効果がある方法ですね。

ウコンを飲む

日本酒を飲む前にウコンドリンクを飲む。これも悪酔い対策によしとされる対処法です。

専用のドリンクなどがコンビニでも買えますから、実践しやすい方法ですね。

こちらの飲む量に気を付けるという前提で効果があると感じます。

飲む前に食べる

これは日本酒だけではなく、他のアルコール類にも共通して言えます。

すきっ腹で飲むと、酔いが早く回ります。でも飲む量も時間も変わりませんから、必然的に悪酔いします。

だからこそ、すきっ腹で飲むのはやめましょうね!特にお酒が苦手なあなた!飲む前には必ず何かを食べときましょう。出来ればコンビニおにぎり二つぐらい!お腹いっぱいで…って言い訳もできます。

火入れしていない日本酒を飲む

今まで紹介した対策は、日本酒に限ったことではないですよね。お酒全般に共通した対策です。

苦手な日本酒を飲むために、全体をカバーする対策を取っていたわけです。

しかしこの火入れしていない日本酒を飲むというのは、日本酒限定の対策です。そして何より、美味い!

火入れしていない日本酒のことを生酒(なまざけ・きざけ)と言います。

日本酒と火入れの関係

通常、日本酒を作る工程上、最後に火入れを行い完成します。

一般的なスーパーなどで販売されている日本酒の多くは、2度、火入れを行ったものです。

日本酒はお米を酵素で発酵させ、アルコール成分を作り出しています。

火入れをすることで、お米を発酵させていた酵素の働きを止めつつ、殺菌も行います。

これにより常温保存が可能な日本酒が完成します。

ちなみに生貯蔵酒や生詰酒は、火入れ一回の日本酒です。

生酒とは火入れが行われていない日本酒のこと

生酒は火入れを行っていない日本酒のことを指し、これが非常に美味い!

日本酒が苦手だったころ、一口でも口に含むと、うー…ってなるころ、そんな頃でも生酒は非常に美味しく飲めました。

生酒は圧倒的に日持ちがしないので、開封後はすぐに飲むことをオススメします。

とにかく飲みやすいですよ。飲みやすくすっきりしていて、透明感のある飲み口でした。

なんでなんだろう?と気になり、蔵元に聞いたことがあります。日本酒は火入れをすることで、あの独特の日本酒らしい味が出来上がってくるのだとか。

はーだからか!と妙に納得したことを覚えています。

もし生酒を飲む機会があるなら、お試しください。日本酒が苦手な人でも美味しく飲めると思いますし、お酒が苦手な人でも美味しいと感じるはずです。

単純に飲みすぎない!

これを言われたらそれまでですが、単純に飲みすぎないこと!これが一番の対策ですね。

日本酒が苦手だったころから、おちょこに1杯ぐらいは飲めました。美味しいと感じてはいませんでしたが。

ただまーこれぐらいなら悪酔いせずに飲めると確認することは大切だと思います。

若い人たちはお酒を飲まなくなったと言われていますけど、周りの空気もあり飲む機会はあるでしょう。

そんな時、今回ご紹介した対策を試していただければ幸いです。

今回のまとめ

日本酒に氷を入れると苦手な僕でも美味しく飲めたよーってことから、苦手な理由やそのほかの対策を綴ってみました。

先ほども触れましたが、もしどうしても日本酒を飲まなければいけない時、ぜひ、氷を入れてみてください。

日本酒に氷を入れるなんて、モダンな感じでオシャレな感じがしませんか?

見る人から見れば、逆に日本酒好きなのかな?って見えるかもしれませんよ?

オススメ記事

-ライフ, 体験談