家庭と生活

雪かきが楽になる?ケガをせずに、疲れないコツを教えましょう!

2015/09/19

yukikaki

昨年は、関東地方でも、大雪となり、
都心の至るところで、雪かきスコップ片手に、
慣れない雪と格闘している姿を、あちこちで見かけました。

今や、どこの地域でも、
雪かきが必要となる、可能性があります。

雪が積もると、慌てて雪かきをした結果、
足腰を痛めたり、疲れを残したりしないように、
上手くやり過ごす、コツと対策、ご紹介しましょう!

雪かき前には、下準備をしましょう!

大雪になり、雪かきをすることになった時、
まず、準備運動をしましょう。

何もせずに、雪かきをすると、
寒さで筋肉が固くなり、ケガをしやすくなったり、
動きが鈍くなる場合が、あるからです。

最初にしっかりと、ほぐしておくことで、
それを、防止することが出来ます。

簡単!オススメ!雪かき前の準備運動

  1. 手と肩を大きく内側、外側に回す。
  2. 足首を回してから、足を前後に開いて、
    アキレス健を伸ばす。
  3. 片方のひざを曲げて、反対側の太ももと、
    股関節を伸ばす。(反対側も行う。)
  4. 手を組み、前に伸ばして、おじぎをするように、
    腰を曲げて背中を伸ばす。
  5. 首を曲げたり、回したりして、
    ストレッチする。

雪かきをして、起こるかもしれない?ケガのあれこれ

雪かきをすると、体のあちこちを痛めがちです。
あらかじめ、ケガの種類を知っておけば、
対策もしやくなりますね。

  • 腰痛
  • 腰をかがめて、雪かきをするため、起こります。
    背筋を伸ばして、雪かきをしましょう。

  • 打ち身
  • 雪かきにより、滑って、転倒することで起こります。
    頭を打たないように、注意が必要。
    靴裏が、ゴムの長靴や、滑り止めのモノで対策を!

  • 脱水症状
  • 雪かきで、汗をかくことによって、起こります。
    水分は、こまめに摂るようにしましょう。

  • 貧血
  • 雪かきは、下半身に血流がたまりやすく、
    急に作業をやめてしまうと、血液が、
    上半身にまで行きわたらず、起こる場合があります。

    その為、急に作業を終えない様にして、
    雪かきあとも、体操をすると、効果的です。

スポンサーリンク

お待ちかね!雪かきのコツ!

コツを覚えて、楽々と、
雪かきをして、しまいましょう♪

難しいことは、ありません。
コツを抑えることで、ケガをしにくく、
疲れにくい、雪かきができるでしょう。

雪かきスコップを使う場合

全身を使って、雪かきをする。

腕だけの力に頼らず、足や腰を使って、
雪を運ぶことで、全身の疲労度を、少なくします。

また、雪を持ち上げる時には、
背筋を伸ばしてひざを曲げ、体全部を使います。
背筋を意識することで、腰痛の予防になります。

雪の捨て方にも注意する。

雪を捨てる時には、体をひねらずに、
投げたい方向に、体の向きを変え、
正面を向いて捨てましょう!

背筋や、腹筋の筋肉痛予防、
腰痛予防になります。

スノーダンプを使う場合

正直、スノーダンプは便利です。
雪かきスコップと違い、構えた時から、
全身の力が、自然に使える作りになっています。

ポイントは、上半身だけに、
力を入れるのではなく、腰から、
進むように歩くと、いいでしょう。

雪かき後のケア方法も大切ですね

雪かきは、全身を使いますから、
終わった後は、相当の疲れが、
体にたまっています。

適切なケアをして、
翌日に、疲労をためないようにしましょう。

  • 準備運動を、もう一度する。
  • 疲労物質である、乳酸を放出し、
    血行を良くするので、体が温まります。
    また、貧血を予防するためにも、良いでしょう。

  • 黒酢を飲む。
  • 黒酢には、クエン酸が含まれており、
    そのクエン酸は、疲れの素、
    乳酸を分解してくれる、作用があります。

    他にも血行促進、代謝を良くする、
    肩こり腰痛、冷えの改善など、
    雪かき後には、ピッタリの飲み物です。

    食後に飲んだり、水でうすめたりして、
    酸の刺激を和らげて、飲みましょう。

  • ミカンを食べる。
  • ミカンにも、クエン酸が含まれています。
    水分も、たくさん含まれているので、
    雪かき後の、水分補給にもなるでしょう。

    雪かき前に、ミカンを雪の中に埋め、
    終わった後に、取り出して食べると、
    ひんやりとして、おいしいですよ。

  • お風呂につかる。
  • 全身の血流を促し、
    血行を良くすることで、疲労がとれます。/p>

雪国出身者の独白

雪かきは、見た目以上に重労働です。
短時間で、作業を終えようとせずに、
じょじょに体を慣らし、行ってくださいね。

ちなみに私、雪国出身でして、
子供の頃から、雪かきに触れていました。

私が住んでいた地域の雪は、3層以上になっていて、
新雪ゾーン、ぎゅっと押しつぶされたゾーン、
ぎゅぎゅっと、押され、凍結しちゃったゾーンがあります。

yukiguni

上二層は、普通の雪かきで何とかなりますが、
最後のゾーンは、強敵なんです。

プラスチック製の物だと、
意外とあっさり、壊れてしまいますから、
スチール製の、雪かきスコップを用います。

雪かきスコップを、足の力で、
氷の下に押し込み、テコの力で、ベキベキと、
地面から剥がす、そんな感覚でした。

疲労感よりも、達成感が、
強く残った事を覚えています。

オススメ記事

-家庭と生活
-, ,