美容と健康

腰痛改善方法!一般的に多い原因と治し方について調査しました!

2015/09/19

youtsu

デスクワークが多い、会社で働いていると、
腰痛でお悩みの人を、良く見かけます。

みなさん、椅子にクッションを使ったり、
休憩時間に、腰をぐるぐる回してみたりと、
色々と、対策を取られることでしょう。

そんな私も腰痛持ち・・・。
だからこそ、原因と治し方を、
調べてみました!

腰痛になる、一般的な原因

腰痛には、大きく分けて、
3つの原因があります。

  1. 腰椎、筋、靭帯、内臓などに異常があるもの
  2. 神経が障害を受けて、正常に機能しないもの
  3. ストレスなど、心理的なもの

有名なぎっくり腰は、無理な姿勢や、
長時間の運転、急な動きで、
腰に負担をかけるなどが、原因です。

また、腰椎椎間板ヘルニアは、
腰椎と腰椎の間にある、椎間板の一部が飛び出し、
神経を圧迫するために、痛みが起こります。

ぎっくり腰であれば、1に、
要椎間板ヘルニアであれば、2に、
それぞれ、該当します。

スポンサーリンク

腰痛の治し方

一般的には、消炎鎮痛薬を飲んだり、
湿布や、塗り薬を使います。

また、慢性的な腰痛では、
ストレッチや、筋トレが大切です。

心理的な要因が、原因となる場合や、
ぎっくり腰、腰椎間板ヘルニアの場合は、
下記の様な対策を取り、治します。

心理的な要因で、腰痛が起こる場合
抗うつ薬を飲む、カウンセリングの受診する、ストレスを掛けない生活をする、自分の好きな事をするなど、脳の機能を回復させることで、腰痛が改善します。その為、専門医での治療をオススメします。
ぎっくり腰で、腰痛が起こる場合
ぎっくり腰では、コルセットなどで腰を保護して、数日間休みます。整形外科などで、治療して頂けます。
腰椎間板ヘルニアで、腰痛が起こる場合
椎間板ヘルニアでは、消炎鎮痛薬を飲んだり、コルセット使って痛みを抑え、自然に治るのを待ちますが、しびれや、麻痺がひどくなってきたり、排尿障害があるときには、すぐに手術が必要な場合があります。

いずれの場合も、自己治療をせず、
専門医の受診を、オススメ致します。

スポンサーリンク

腰椎対策にオススメの、筋トレ方法

腰痛対策を行う場合は、状況によって、
その対策を、変える必要があります。

腰痛が、すでにある場合
筋トレで、腰痛を悪化させることがある為、筋トレを始める前にストレッチし、柔軟性を高めることが必要です。
腰痛対策を行う場合
腰痛の予防には、腰を安定させる筋肉を鍛えることが、大切です。コルセットの役割をする、腹横筋や、背骨の一つ一つについている、多裂筋を鍛えることで、腰を守ります。

オススメ記事

-美容と健康
-, ,