ライフワーク

水筒からこぼれる中身対策!その方法は?そして理由が知りたい!

2017/09/02

コーヒーこぼしちゃった!

こんな経験ありませんか?
朝、職場に着くと、カバンの中がコーヒーまみれなこと・・・(ありませんか、そうですか)。

理由は簡単(こんな経験ないあなたは、想像を膨らませて下さい)。
水筒からこぼれているわけです。コーヒーが・・・(ほら、想像すると大変そうでしょ?)。

いつでもこぼれていいようにと、ビニール袋に水筒を入れて、運んでいたわけですけど・・・ダメでした。

ビニール袋が小さかったからなのか、こぼれるコーヒーの勢いがすごかったのか、とにかくその日は、カバンの外側に染みが出来るぐらい、水筒の中身がこぼれてしまいました。

想い出の詰まった大切なカバンなので、捨てる!という選択がしにくく、汚れるぐらいならば良かったのですけど、ニオイが染み付くことは避けたかった・・・!

そんな残念な気分をカテに、水筒がこぼれる理由と対策について調べてみました。

スポンサーリンク

水筒の中身はどんな時に漏れやすいのか?

なぜコーヒーはこぼれるのか?

実体験によると水筒の中身は、月曜日の朝に漏れやすいです。これは気にせいではなく、間違いなくです。

なぜならば僕は、日曜日になると、塩素系漂白剤に各部品を漬け置きするためです。

っで、月曜の朝に水でスッキリと洗い、よく拭き、組み立てて、コーヒーを注ぐ。

もちろん、月曜日以外にもこぼれはしますが、量、回数ともに、月曜日の朝が一番多いです。

しかしこれらは、あくまでも僕の実体験。
水筒の液漏れが気になっている人、すべてが同じ原因と言うことはありません。

そのため、様々なこぼれる理由を集めた所、特に多かったのが、『向きがおかしかった』や『激しく揺れた』になりました。

西郷さん

どちらも当たり前と言えば、当たり前ですけど、水筒の中身がこぼれやすい状況で持ち運んでしまった場合や、激しく揺れてしまう状況になってしまった場合には、必然的に液漏れしやすいから注意が必要です。

まとめると、『よく洗ったあと・雑な持ち運び方・過度な振動』の3つが、水筒から液体がこぼれやすい代表的な状況だと言えます。

水筒の中身がこぼれる理由は容れすぎが原因みたい

コーヒが溢れる

今度は、液漏れしやすい理由について考えてみましょう。状況を改善するのは、水筒と言う生活用品の使われ方を考えると、難しいと思うので。

しかし、溢れる理由に関して言えば、改善しやすいのではないか?と思うわけです。

そこで調べてみると、概ね、同じ理由に行き着きます。

それは、中身を容れ過ぎていること。

これに関しては、実体験からも納得するんです。僕はなみなみと中身を注ぐタイプなんです。

理由は特に無いのですけど、ただ、注げるのならば注いでしまえと思ってしまうのです。

でも、これが間違いなんです。そしてその理由は、新品の水筒を購入すると分かります。

購入したばかりの水筒は、箱に入っていることが多く、その中には、取り扱い説明書も内包されています。

この取り扱い説明書の中には、きちんと使用上の注意などに、まさに使用上の注意が記載されているんです!

な!?取り扱い説明書

子供の頃から、取り扱い説明書を読む習慣をもたないファミコン世代の僕は、大人になっても基本的に取り扱い説明書はスルーします。

水筒からの液漏れは、こうした習慣が招いた結果だったと言う訳です。

まとめると、中身は容れ過ぎてはダメよ~ダメ、ダメってことですね・・・ふぅ・・・。


だったら対策は簡単だとやってみた!その結果・・・

対策結果は・・・

水漏れしない対策が分かれば簡単だ!とばかり、早速やってみました!

水筒の飲み口・注ぎ口ギリギリに容れないで、1cmぐらい余裕を残して注いだ所・・・こぼれていない!!

そうなのです、その日、水筒からの液漏れはなかったのです!

喜びの顔

がしかし・・・翌日、同じ様に注いでみた結果、こぼれていたのです。
しかも、月曜日でもないのに、わりと大量に・・・。

念のため、水筒を入れるビニール袋には、予め数枚のキッチンペーパーを敷いていたのですが、すべてコーヒーまみれでした。

幸いカバンが濡れることはなかったのですけど、それでも結構な惨状で、気分的に凹みました・・・

悲しむ顔

何がおかしいのだ?!!と、また対策を調べると、氷を容れるとこぼれたと言う事例が目に止まりました。

なぜならば、僕もその日、氷を容れていたからです。

とはいえ、はたしてそれが原因なのでしょうか?

いくら氷を容れたとしても、氷が溶けて水量が増える可能性を列挙すると、考えられるのは水面から多くの氷が飛び出していた場合のみになるはずです。

学生の頃、お勉強したでしょ?水は、凍らせることで体積が増えるって。

ざっくりと言えば、10の水を凍らせて出来た氷は、11の体積となりますが、それが溶けてまた水になることで、10の体積に戻るわけです。

氷を容れた時点の水量を見て、余裕を残していることが確認できたのであれば、それ以上、水量が増えるわけがないのです。

ってことでーまとめると・・・水筒もこの先使うのなら、買い換えるしかないんじゃね?と言う結論に達してしまいました。

スポンサーリンク

水筒を買い換えるしか無いと思いきや・・・

買い換える?それとも・・・

現在、僕が使っている水筒は象印さんの物です。

そして象印さんは、サイトで水筒の使い方や寄せられた質問に対する回答などを載せています。

念のため、象印さんのサイトを見てみました。

見てみました。

象印のページ

なるほど な・・・ん? 部品・消耗品購入?

ん?んむむ?

おぉ!

そうなのです。象印さんは、自社サイトで水筒に使われている消耗品を部品ごとに販売しているのです。

さきほど紹介した、Q&Aコーナーにこんな文言もありました。

Q&A

もしかしたら、僕の水筒が激しく液漏れするのは、古くなったパッキンなどが原因なんじゃないのか?

これに関しては、思い当たるフシがあります。

月曜日にこぼれやすいこと、氷を容れたら中身がこぼれたことを突き詰めて考えると、パッキンが消耗しているのでは?という結論に達します。

通常、水筒のパッキンはゴム製です。そのため、冷えると硬くなります。

氷によって冷やされ、硬くなり、柔軟性を失ったため、中の液体に対して反応がルーズになったのではないか?

月曜日も分解して、漬け置きしたことで、再びつけた時、縮まっていた、もしくは緩んでいたために中の液体に対して、ルーズとなっていたのではないか?そんな風に思うのです。

これには裏付けがあって、温かいコーヒーを容れていた時には、それほどこぼれたことがないのです。

KEEP OUT

あくまで僕の場合は!・・・かも知れませんけど、僕の場合は、パッキンの消耗が原因で水筒の中身がこぼれたのではないか?という結論になりました。

ちなみに、パッキンの付け方を反対にしても中身がこぼれるとのことですが、僕の場合、これではありません。

どの程度まで、部品を買い換えるべきか迷いますが、一個一個が高くないので、新品を買うことを考えれば、消耗品を取り替えて対応したいと思います。

ちなみに、ZOJIRUSHI以外でも部品・消耗品のみを販売している企業様は多く、水筒・魔法瓶販売でメジャーな、タイガーやサーモスでも当然、部品・消耗品の交換部品を販売しております。

なお、水筒以外にも自社商品の交換部品は取り扱っているのではないか?というほどの内容になっています。ご興味のある方は、ぜひご覧下さい!

オススメ記事

-ライフワーク