食べ物

ドイツの定番お菓子 シュトーレンの食べ方や長持ちする理由と保存方法は?

2016/11/07

伝統お菓子のシュトーレン

シュトーレンと言えば・・・ここ数年前から耳にするようになったものですよね!

名前だけ聞くと、ドイツのレーサーとか、サッカー選手をイメージしました。

気になっていたんで調べてみると、ドイツでは、クリスマスにも食べられる日持ちするお菓子だということ。

それって、主婦にとってはすごく有難いお菓子ですね!

でも、どういう素材で作られているから日持ちするのか?気になりました。

体に悪い成分が入っていると困りますしね。

また、安全に長持ちさせる保存方法はあるのか?この点も気になりましたので、調べておきましたよ♪

スポンサーリンク

シュトーレンってどうやって食べるドイツの定番お菓子なの?

シュトーレンとは、ドイツで食べられている伝統的な菓子パンです。

生地の中に、ドライフルーツやナッツなどが入っていて、表面はお砂糖がまぶされているため、真っ白くなっている特徴があります。

本場ドイツでは、およそクリスマス前の1ヶ月間に、少しづつスライスしながら食べる習慣があります。

シュトーレン1

ってことは、本場のドイツでは、クリスマス前に食べ終わっているものなんですね!

ちなみに、シュトーレンには、いくつかの種類があります。

  • マンデルシュトーレン
  • アーモンドパウダーなどを練りこんだ、香りの良く優しい後味のあるシュトーレン。

  • モーンシュトーレン
  • ケシの実を練りこんだ、見た目にも可愛らしいシュトーレン。

  • ヌッスシュトーレン
  • ナッツを練りこんだ、香ばしく歯ごたえの良いシュトーレン。

  • クワルクシュトーレン
  • チーズなどを練りこみ、濃厚な味わいが楽しめるシュトーレン。


シュトーレンが日持ちする理由とは?クリスマス後でも食べられる?

シュトーレンが日持ちする理由は、材料と作り方にあります。

水、バター、砂糖、パン、ドライフルーツやナッツなどで作られたシュトーレン。特に長持ちするお菓子は、砂糖の量が多く入っている特徴があります。

またシュトーレンは、材料のバランスを調整して作られていることで、日持ちするお菓子に仕上がっています。

シュトーレンが日持ちする理由

水分量が少ない

シュトーレンは、水分の量を非常に少なく作っています。

小麦粉の量が100%だとすると、その水分量は25%以下にするように定められており、その結果、カビが繁殖することを抑えて、腐敗しにくくしています。

バターの塗り方に特徴がある

シュトーレンは、溶かしたバターを何度も塗って作ります。

なんと!ドイツの法律で、小麦粉100に対して、最低でも30%のバターを使わなければなりません。

しかしそのおかげで、生地の表面を外気から守ってくれることになるわけです。

砂糖が効果的に使われている

シュトーレンは、多くの保存がきくお菓子と同様に、砂糖を効果的に使っています。

また、バターは酸化が早いという欠点がありますが、砂糖により、酸化するのを抑制します。

糖蔵という言葉もあるくらい、砂糖には保存効果があります。

さらに水分を抑える役割もあり、シュトーレンを保存に適した状態にしてくれます。

 

パン種にもこだわっている

シュトーレンは、パン種にサワー種と呼ばれる物が使われています。

小麦粉やライ麦の粉と、水で作る生地の中に、乳酸菌や酵母などを主体として、いくつかの微生物を共培養させたというパンです。

この微生物によって、シュトーレンは腐敗、カビに強くなるのです。

ドライフルーツやナッツもポイントとなっている

ドライフルーツやナッツは、長期保存が可能な食材です。

それは、乾燥させる時に洋酒をたっぷりと使い、アルコールが染み込んでいるためです。

シュトーレンは、そんなドライフルーツやナッツを加えて作られているため、雑菌などの繁殖を抑えて、パンが劣化することを防いでくれます。

なお、日本で市販されているシュトーレンは、約1カ月くらい持つというものが多く、ドイツだと、2~3カ月くらい持つものも販売されています。

さすが本場と言ったところでしょうか。

4週間前から食べ始めることを考えると、ドイツの物では、クリスマスが終わってもまだしばらくは食べられるということになりますね。

スポンサーリンク

シュトーレンを安全に長持ちさせる保存方法は?

シュトーレンは材料の配合や焼き具合、保存方法などによっても、その賞味期限は変わってきます。

そのため、なるべく安全に長持ちさせるには、材料で言うと、お砂糖をたっぷり使ったものを購入することをオススメします。

また保存する時には、ラップでくるみ、その上からアルミホイルで包んで、乾燥している冷暗所で保存しましょう!

これがシュトーレンの安全な保存方法となります。

シュトーレン2

なお、シュトーレンを触った時、しっとりしてきたら賞味期限が迫っています。砂糖がベトつく感じです。

その場合は、シュトーレンを早目に食べるようにして下さいね!

シュトーレンが日持ちする理由とは?安全に長持ちさせる保存方法は?のまとめ

ドイツの伝統お菓子のシュトーレンですが、最近、日本でもこうした世界のクリスマスで食べられるお菓子やケーキなどが流行りつつありますね。

今年のクリスマスは、本番に、ケーキやチキンを食べるとして、それまでの準備期間、シュトーレンを食べて楽しむのはいかがですか?

オススメ記事

-食べ物