子育てとしつけ 美容と健康

アレルギー性小児喘息について調べてみた!治療方法は?手軽に出来る対策は?

2015/09/19

小児ぜんそく対策

最近特に、喘息の子供が
増えていると言います。

確かに小児科へ行くと
吸入をしていたり、
咳こんでいる子供をよく見かけます。

そんな小児喘息の傾向と
対策を知って、我が子を
アレルギー性喘息から
守ってあげましょう。

スポンサーリンク

気になる小児ぜんそくについて

子育てをしているママ達は
子供のアレルギー、特に喘息が
気になっている様子。

実際に小児喘息の患者数は
20年間で、3倍にもなっているのです。

しかも5歳くらいまでに
発症するケースも多く、
小児喘息の80%は
アレルギー性喘息と言われています。

◆小児ぜんそくが増加する理由

そんな小児喘息が増加する理由には、どちらかの両親のアレルギー体質が遺伝したり、子供が生まれつき気管支が弱い、免疫力が低いなどの理由が挙げられます。

◆小児ぜんそくが発症する原因

小児喘息を発症する原因として考えられるのは、ダニ、カビなどのハウスダストの他にも、様々なアレルギー因子やタバコの煙、ホルムアルデヒドなどの化学物質とも深い関係があると言われています。

そんな喘息の症状は
気管支が腫れたり、
傷ついたりして狭くなり、
呼吸がとても苦しくなるのです。

小児ぜんそくを治療する方法は?

小児喘息を治療するには
アレルギー反応を抑える
治療薬が使われます。

比較的見る機会が多い
吸入ステロイド薬が、
主に使用されていると言います。

しかし小児喘息は、
すぐに完治しないと言われ
症状が小さい時に治まっても
大人になってから、再発することもあります。

こうした事からも
小児喘息を発症させない為の
対策が必要だと言えます。

小さい頃から、アレルギー因子に
触れさせないことが大切であり
発症を回避させる、環境づくりが重要になるのです。

スポンサーリンク

アレルギー因子を近づけない喘息対策

アレルギー性喘息を
発症させる原因の約80%が、
ダニによると言われております。

その為、ダニの増殖を防ぎ、
ダニの死骸や、フンなどを
なくすため、部屋の掃除をこまめに行いましょう。

◆ダニ退治の方法は?

アレルギー性の小児喘息対策を行う為、ダニ退治を行うのであれば、こまめな掃除はもちろん、お布団の日干しも欠かせません。また、市販のダニよけ製品を使って、清潔な空間にすることも大切です。

次に、カビも
アレルギーを発症させる原因です。

◆カビ対策の方法は?

壁や窓の結露をよく拭き、カビの発生を防止しましょう。こちらもこまめに行うことで、アレルギー性の小児喘息予防に繋がります。

最後にもう一つ
動物の存在も、アレルギー要因になります。

◆動物の飼育も注意!

犬や猫など、毛の生えた室内飼育動物もアレルギーの原因となるため、もし仮に、お子様がすでに、小児喘息を発症してしまっていたら、飼育は難しいでしょう。

我が家には1歳半になる娘と
室内犬がいるので、娘が
生まれた時にはアレルギーを心配しました。

幸い、今の所娘には
アレルギーはありませんが、
今後はどうなるか分かりません。

少しでもアレルギー性喘息を
発症する可能性を低くするために、
こまめな掃除を心がけようと思います。

オススメ記事

-子育てとしつけ, 美容と健康
-, , , ,