家庭と生活

洗濯物を早く乾かす方法として、ドライヤーを有効活用しませんか?

2015/09/19

sentakumono

洗濯物が乾きにくい、梅雨や冬の季節・・・

一人暮らしをしていると、普段から、
こまめに洗濯をするというわけにもいかず、
休日にまとめて、洗濯をする人も多いハズ?

貴重な休日に、天気が崩れていると、
ホント!困りますよね・・・。

そんな時、ドライヤーを使って、
洗濯物を、さっと素早く乾かす、
方法があるんです。

冬の洗濯物は、乾きにくい!

冬は、空気が乾燥しているのにも関わらず、
洗濯物が、よく乾きませんよね。

それは、大気の水分量が、
気温の高低に、影響されるからなのです。

洗濯物の水分は、大気中に蒸発していくので、
大気が含むことのできる、水分量が多いほど、
洗濯物は、乾きやすいです。

そして、気温が暑ければ、暑いほど、
大気は、水分量をたくさん含むことができます。
夏に、洗濯物が乾きやすいのは、このためです。

逆に冬は、気温が低いので、
大気は、水分を含むことができなくなり、
空気が乾燥しているのに、洗濯物は乾かなくなります。

スポンサーリンク

ドライヤーを使って、洗濯物を乾かす方法

この方法は、暑ければ暑いほど、
洗濯物が乾きやすいという性質を、
利用したものです。

用意するものは、ビニール袋と、
ドライヤー、そして、洗濯物だけ。
とても手軽です。

  1. ビニール袋の底の両角をはさみで切り、
    水蒸気を逃がす小さ目の穴を開ける。
  2. 袋の中に洗濯物を入れ、ドライヤーで熱風を送る。
  3. ドライヤーの風が、洗濯物全体に行きわたるように、
    袋を、時々揺らす。

Tシャツ4~5枚ほどの量であれば、
10分ほどで乾きます。

シャツを乾かす場合は、ハンガーにかけて、
直接、ドライヤーの熱風を、あててください。
まるで、アイロンをかけたように、美しく仕上がります。

スポンサーリンク

部屋干しとドライヤーは、どっちが良い?

部屋干しのメリットといえば、やはり、
色柄ものが、色落ちしにくい点です。

しかし、梅雨時や、冬場は乾きにくく、
場合によっては、雑菌が繁殖して、
臭いを伴う事もあります。

ドライヤーで乾燥する場合は、素早く乾かせることが、
最大のメリットですが、少し、手間が掛かる・・・
という、デメリットがあります。

しかし、雑菌が繁殖して、洗濯物が臭ってしまい、
またやり直し・・・ということは、ありません。
したがって・・・

dryer

二度手間になりにくく、素早く乾燥できるという点から、
この冬の洗濯は、ドライヤーでの乾燥を、オススメします。

オススメ記事

-家庭と生活
-, , ,