豆知識・雑記

桜の開花時期を予測する方法!どれくらいの気温で咲くのかを調査!

2015/09/19

sakurakaika

桜って、毎年咲き始めたなと思うと、
一気に満開になって、あっという間に、
散ってしまって、いませんか?

2015年、今年こそは、時期を逃さず、
お花見を出来る様に、桜の開花時期の、
簡単な予想方法を、ご紹介致します。

桜の開花時期を、気象庁が予測する方法について

桜の開花予測の方法は、日本気象協会により、
35地点を対象にして、独自の予測式を使い、
毎年、算出しているます。

独自の予測式に、使われているデータ
  • 前年、秋から予想作業日前までの、気温観測値
  • 予想作業日から、開花時期までの、気温予測値

この2つデータを元に、予測値を算出しています。
この予測方法、私たち素人が算出するには、
ちょっと難しいかもしれませんね…^^;

スポンサーリンク

桜は、どのくらいの気温で咲くのか?

桜は、冬の寒さで目覚め、春に向かう、
暖かさで成長し、開花します。
これを休眠打破と呼びます。

休眠打破について

桜は、夏の間に翌年に咲く、花の芽を形作ります。しかし秋に入ると、一度、休眠状態に入ります。

その後、冬の間、一定期間の寒さにさらされた結果、目覚めることを休眠打破と呼びます。

桜は、その年の2月1日以降、
毎日の平均気温を足していき、合計が、
400℃以上になった頃、開花するとされます。

これは、400℃の法則と呼ばれ、
一般人でも、簡単に行える上、
精度も高い、開花時期の予測方法です。

なお、桜は開花から満開まで、
通常で、7日から8日ほど、早ければ、
4、5日で満開になります。

その為、桜が開花をしたら、4~6日後に、
お花見の予定を立てると、ちょうど、
見ごろになるでしょう。

スポンサーリンク

桜が一番早く咲く場所は?逆に一番遅く咲く場所は?

日本列島は、縦に長い特徴通り、
南から北、沖縄から北海道へと、
桜の開花も、北上していきます。

沖縄の寒緋桜
1月中旬頃、ソメイヨシノより、少し赤味が濃い特徴を持つ、カンヒザクラが、沖縄本島の八重岳で咲き始めます。
北海道の千島桜
6月中旬から、下旬頃に開花する、根室のチシマザクラが、最も遅く、日本で咲く桜となります。

ちなみに、本州の中で一番早いのは、
伊豆半島の河津桜になります。

カワズザクラは、2月上旬には、
咲き始めますから、冬の束の間、
少し早めのお花見に、オススメです。

日本全国を、桜前線と共に縦断するのは、
非常に難しそうですが、沖縄や伊豆半島、
北海道など、桜の開花時期に合わせて、
旅行に行く予定なら、十分、計画出来ますね!

オススメ記事

-豆知識・雑記
-, , , ,