美容と健康

オリーブオイルや亜麻仁油など8種の料理油 健康効果や栄養成分をまとめました!

2016/11/16

料理油の健康成分あれこれ

日頃から料理をする機会が多いと、
使う油にまで気を使うことは少なく、
結局、サラダ油一択になっていませんか?

でも最近、色んな油がありますよねー。
亜麻仁油とかエゴマ油とか。

色んな油があるからこそ、
この辺でどんな違いがあるのか、
それぞれの特徴や摂取効果など
知っておこうと思い立ち、まとめました!

スポンサーリンク

ごま油に隠されたダイエット効果?香りだけじゃないスゴい所! 

中華料理や
韓国料理に使われるゴマ油

とても香りがよく、
ちょっとした炒め物に足すだけで、
中華な雰囲気を一層引き立てます。

ごま油

ごま油の健康効果

アンチエイジング効果や美肌効果、
肥満予防などの生活習慣病を予防
します。

また冷え性の改善
肝臓機能ケア、ガン予防にも効果あり、
ゴマ特有の健康効果を持っています。

ごま油の主な栄養素

不飽和脂肪酸の一種である、
リノール酸やリノレン酸が含まれています。

血液内のコレステロール値を下げ、
肥満の予防や動脈硬化を防ぐと言われ、
ごま油の代表的な栄養素となっています。

もちろん摂りすぎはよくありませんが、
適度であれば、逆に生活習慣病を抑制し、
プチダイエットの手助けもする油と言えます。

またごま油には、
ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEが持つ抗酸化作用により、
アンチエイジング効果があり、
肌トラブルによく効くとされます。

シミやシワの対策として最適であり、
血液の循環を助け、血行促進にも効果があります。

さらにゴマと言えば、セサミン

黒ゴマ油に比べ、
白ごま油に多く含まれます。

セサミンは活性酸素や、
悪玉コレステロールの増殖を抑えます

肝臓機能のケアにも効果的で、
お酒をよく飲む人には、
ぜひ摂取して欲しい成分
です。

この他にも、
がん予防に効果がある
セレンが含まれております。

ビタミンEと一緒に取ると、
より効果的です。

ごま油に入っている成分は、
補完しあっており、効果を自然と高めています

ごま油の主な使い方

こちらに関しては、
炒め物をはじめ、サラダなどに活用できます。

また、香りやコクが欲しい時に、
ちょっと足すと、効果的です。

ごま油は、日常使いされる油だけあって、
広い意味での効果・効能がある油です。


キャノーラ油は危険なの?すごく気になる・・・

キャノーラという、
アブラナ科の植物から作られている油です。

基本的な分類としては、
サラダ油の中の一つになります。

加熱に強く、
揚げ物によく使用されます。

サラダ油

キャノーラ油の健康被害

キャノーラ油に関しては、
逆に健康被害があると言われています。

冠動脈性心疾患と呼ばれる
心筋梗塞や狭心症を引き起こす可能性があります。

また多く摂ることで、
糖尿病になることもあるとか。

さらには、脳の萎縮やうつ病、
アルツハイマー病
になってしまう危険性も・・・。

もっと恐いことに、
脳梗塞やガンを発病させる言われています。

キャノーラ油の主な栄養素

トランス脂肪酸は、
近年、健康被害があるとされ、
逆に注目されている成分です。

狭心症や心筋梗塞などを引き起こすためと、
キャノーラ油の摂り過ぎには、
WHO 世界保健機構も注意をしています。

またアメリカでは、
販売が禁止されているほど。

特に使いまわしたものや、
古いキャノーラ油の使用にはご注意下さい。

キャノーラ油には、
リノール酸も含まれております。

しかし、リノール酸は加熱することで、
神経毒(ヒドロキシノネナール)に変わります。

このヒドロキシノネナールは、
脳を萎縮させる危険があるとされ、
その結果、脳梗塞やアルツハイマー、
うつ病などを引き起こす場合もあるとか。

キャノーラ油の主な使い方

キャノ-ラ油は、日常の料理全般に使用され、
炒め物が主な用途になります。

安価で入手出来るため、
使用量の多い料理に使われます。

・・・もうキャノーラ油の摂取は、
なるべく控えましょうね

困り顔

紅花油って高級品なの?どんな油なんだろうか?

お歳暮やお中元によく貰う
料理油だな-と言う印象があります。

紅花油も植物性の油で、
元々は、高リノール酸型でしたが、
現在は、高オレイン酸型の物が販売されています。

高リノール酸型が嫌われたのは、
悪玉コレステロールばかりか、
善玉コレステロールも下げてしまい

思わぬ、健康被害を引き起こす可能性があるから。

そんな紅花油(高オレイン酸型)は、
善玉を残しつつ、
悪玉コレステロールを退治
します。

紅花

紅花油の健康効果

便秘改善や胃酸の分泌調整機能
さらには、血行を促進し、
冷え性の改善にも効果があります。

紅花油の主な栄養素

一般的な紅花油には、
オレイン酸が7割以上がベースになり、
リノール酸や飽和脂肪酸、α-リノレン酸などで構成されています。

オレイン酸や飽和脂肪酸は、
加熱に強く、摂りすぎても体への悪影響がない油です。

紅花油の主な使い方

家庭料理全般に使用されます。

また天ぷらなどにも使用され、
香りが立ち、美味しい仕上がりになります。

前の成分配分だったら、
お中元やお歳暮で貰ったら困った所でした。

今は改善され、
健康的で美味しい油になっているようですね!

今や家庭料理のベストパートナーになりつつあるオリーブオイル! 

オリーブオイルは非加熱で、
圧搾抽出されている食用油
です。

健康志向の人たちには人気で、
あらゆる料理にオリーブ油を使う友人が、
周りに何人もおり、かく言う私も、
そちら派になりつつあります。

オリーブオイル

オリーブオイルの健康効果

老化防止や排便に効果があります。

また生活習慣病にも効果を発揮し、
心臓病の予防も期待できます。

なお、エキストラバージンオリーブオイルには、
体内外の炎症を抑える抗炎症効果があるとされます。

オリーブオイルの主な栄養素

オレオカンタール(エキストラバージンにのみ)は、
風邪薬に入っている抗炎症成分に似た効果があり、
体内外の炎症を抑えます

またオレイン酸は、
抗酸化作用があるため、
活性酸素の除去に役立ちます。

その結果、生活習慣病の予防や
老化防止などに効果
を発揮します。

オリーブオイルの主な使い方

最近では、料理油としても
使用される
様になっていますね。

また定番のサラダ用に
大活躍
しています。

新鮮なエキストラバージンオリーブ油なら、
直接飲む
のも健康に良いとか。

オリーブオイルの本場、
地中海地方では、パンにそのまま塗ってますよね。

オリーブオイルって、
なれないと、妙な癖がありますよね。

ただ、慣れると、
オリーブそのものも食べたくなる、
そんな不思議な魅力のあるオイルです。

スポンサーリンク

急に大ブームとなったココナッツオイル!その栄養効果は?

一時期、すごいブームになり、
売り切れ店が続出したココナッツオイルは、
ヤシの実からとれる植物油です。

海外のセレブを始め、
モデルなどが美容のために使用し、
人気に火が付いただけあって、美容効果に定評があります。

ココナッツオイル

ココナッツオイルの健康効果

シワや肌荒れ予防に効果があり、
老化予防にも力を発揮します。

またコレステロール値を下げ、
脂肪を燃焼させ、ダイエットに効果的です。

総合すると、
美容の味方!ってわけですね!

だから、モデルさん達が、
こぞって使用していたわけです。

ココナッツオイルの主な栄養素

ココナッツオイルには、
ビタミンEが豊富に含まれており、
これが様々な美容効果をもたらします。

また特徴的な成分に、
ケトン体と呼ばれる物が入っており、
これが脂肪燃焼に効果を発揮します。

ココナッツオイルの主な使い方

ココナッツオイルは、
お料理はもちろん、マッサージにも使われます。

ただし、お料理に使用した際、
ココナッツの風味がするので、苦手な方はご注意を!

なお、ココナッツオイルは、
とにかく固まりやすく、20度以下だと、
カチカチに固まり、削らなきゃ使えません

20〜25度で、クリーム状、
25度以上で、一般的な油の様に液状へ
と変わります。


こちらも急に大人気!売り切れ店が続出したエゴマ油とは?

えごまはシソ科植物であり、
その種子から搾られて、精製されます。

エゴマ油は、今話題の
「オメガ3脂肪酸」を豊富に含んでおり、
非常に注目されている油のひとつです。

えごま

エゴマ油の健康効果

エゴマ油は、肥満予防や
生活習慣病
にかかるリスクを下げます。

また、美肌にも効果があり、
エゴマ油は体内で固まらないので、
脂肪として体につきにくく、ダイエットにも効果があります。

細かいことでは、血管年齢を若返らせ
認知症やうつ病の改善にも効果があります。

変わった所では、
歯の健康や視力回復にも効果があるとか。

エゴマ油の主な栄養成分

オレイン酸やリノール酸、
α-リノレン酸
と言った、
オメガ3脂肪酸が含まれています。

エゴマ油には、これらの
必須脂肪酸が他の植物油に比べ、
豊富に含まれている
ことが特徴です。

えごま油の主な使い方

近年でこそ、食用に用いられる
えごま油ですが、昔は塗料として、
番傘や油紙などに塗っていました

これは撥水効果のある油により、
和紙に耐水性を持たせるために行っていました。

えごま油は耳にしてから、
あっという間に流行った印象があり、
本当に、売り切れが続出していた記憶があります。

全世代の女性たちに捧げる強い味方!亜麻仁油はすごいぞ!えらいぞ!

亜麻の種子から、
熱を加えないようにして搾った油です。

えごま油と同じく、
オメガ3脂肪酸が含まれる油の一つであり、
ここ最近、非常に人気になっています。

えごま

亜麻仁油の健康効果

動脈硬化や高血圧、
心疾患などの予防に効果的
です。

またコレステロール値や
中性脂肪を下げる効果
も期待出来ます。

さらに更年期障害や
骨粗鬆症の改善にも効果
があるとされ、
中年期に入った人にオススメの油です。

その他にも、肌質の改善や保湿効果、
記憶力の向上、ダイエット効果
など、
様々な効能が報告されています。

亜麻仁油の主な栄養素

エゴマ油と同様に
オメガ3脂肪酸である、
α-リノレン酸が豊富
に含まれています。

α-リノレン酸は、
アレルギー症状の緩和や、
体質の改善に効果
が。

またα-リノレン酸は、
体内に入ることで、
DHAやEPAに変化する
特性があります。

さらに亜麻仁油には、
リグナンと呼ばれる、
腸内でエストロゲンに似た成分となる、
ポリフェノールの一種
が含まれています。

エストロゲンは、更年期障害や
妊娠したい女性に嬉しい
女性ホルモン
です。

このことから、
亜麻仁油は女性にとって、
いつの世代も摂取していきたいオイルです。

亜麻仁油の主な使い方

亜麻仁油の使い方は、
サラダやスープにかけるのがオススメ

また最近では、
亜麻仁油マヨネーズまで販売されています。

素材のままで体に取り入れる様に
摂取して頂ければと思います。

こうしてみると、
亜麻仁油ってスゴい健康油ですね。

普段使いするには、
ちょっとお高めですが、
毎日少しでも摂りたいですね!

幸せそうな顔

ちょっと変わり種の美味しい植物油!アーモンドオイルってどんなの? 

普段、私達が食べる、
アーモンドの種から抽出した油です。

アーモンドは最近、
美容食としても注目されており、
アーモンドオイルも同様の効果が見込めます。

アーモンド

アーモンドオイルの健康効果

美容効果が主だったもので、
女性に嬉しい効果があります。

ほかにも、むくみ予防や血圧の安定、
ガン予防、動脈硬化や心疾患、
老化防止
が期待できます。

さらに、骨や筋肉の健康を保つなど、
様々な効果があります。

アーモンドオイルの主な栄養素

アーモンドオイルは植物油の中でも、
ビタミンやミネラル成分が豊富で、
美容健康に効果的です。

またオレイン酸を初め、
リノール酸やステアリン酸
など、
体にいい成分が豊富に含まれています。

アーモンドオイルの主な使い方

アーモンドオイルは、
生でも飲むことが出来る油です。

ナッツ特有の香りがあり、
味わいが深まります。

ただし、ナッツ類にアレルギーをもつ場合
当然、アーモンドオイルを摂取しても、
反応する可能性があるため、ご注意下さい。

アーモンドオイルと言えば、
その名前だけで、味わいが期待できますね!

美味しそうなオイル

料理油のあれこれまとめの感想

これだけ一気に食用油の事を調べると、
とても不思議な気分になりますし、
もうキャノーラ油は止めようと思いました。

油って、なんだかんだ言っても、
必ず摂取する様な物なので、
ここには気を使うべきですね!

今回の記事は、私自身、
非常に役に立った調べ物になりました。

オススメ記事

-美容と健康