シーズン

夏の海やプールで盗難被害にあわないための心構えと対策!レジャーは楽しい想い出を残す物です!

盗難被害に注意せよ!

毎年夏になると、プールや海は大賑わい!増加する犯罪数!

中でも多い犯罪が盗難であり、財布やバッグ、カード類などはしっかりと管理しておく必要があります。

そんなことは分かっている!しっかり自分で管理している!

でも、後を絶たない被害届・・・。
そこで!今年の夏、プールや海へ遊びに行った際、盗難の被害に合わないための心構えと方法をご紹介します。

プールや海では盗難にあうのが当たり前だという理由

盗難被害

あなたは、プールや海に遊びに行った時、貴重品は何処にしまいますか?

自分で管理するために、肌身離さずですか?それとも貴重品として、カウンターなどに預かってもらいますか?

貴重品の管理を自分で行った場合でも、施設の運営スタッフにお任せした場合でも、残念なことに盗難の被害にあう可能性はございます。

特に自分で管理する場合、ちょっと目を離した隙にってことがやっぱり多いです。
また施設の運営に預けた場合なら安全かと思っていても、盗まれてしまう可能性はあります。

もちろん、貴重品としてプールの運営側に預けたのですから、被害額の保障はしてもらえるでしょうけど、盗まれたものが返ってくるわけではありません。

せっかく、レジャーを目的として、プールや海に足を運んだにも関わらず、盗難被害にあってしまったら、結局楽しめなかった・・・そんな悲しい想い出が残ってしまいます。

となると、盗難になどの犯罪被害にあわないようにする防衛策を知る必要があります。

プールや海での盗難被害にあわないための防衛策は?

防衛策は?

プールや海では、盗難に代表される犯罪被害にあう可能性が高いと認識しておくことにより、そうした事態に対して、防衛するためにはどうするべきか?と言うことを常に意識することが出来ます。

まずこうした警戒する意識が、プールや海で盗難被害にあわない第一歩です。

また多くのプール施設、そして一部の海の家では、貴重品を預かるサービスを有料で行っているところもあります。

お金はかかりますが、それもレジャー費用の一部と考えて、出来るだけ使用するようにしましょう。

貴重品預かりサービスも100%安心はできない?

貴重品を有料で預かり、盗難にあわないように管理するサービスを利用していたのに、被害にあってしまったと言う話も聞きます。

そのため、預ける貴重品の中身をしっかり記録しておきましょう。これにより、もし被害にあった場合でも、迅速に対処することが可能です。

またサービスは、管理できる人間が限られていることが重要です。従業員が誰でもというのでは、内部犯行からの盗難被害も生まれます。

どのように管理するのか?ぐらいは、聞いておいた方が良いと思います。

自分で管理する場合には?

多くの海では、まだまだ自分で貴重品の管理をしなければなりません。

盗難被害にあわないためには、そもそも持って行かないのが、当たり前ですがもっとも効果的です。

しかし海水浴に出かければ、飲食代やシャワー代などがかかるので、一切持って行かないと言うのも難しいですから、持っていくにしても硬貨のみがオススメです。

その際に便利なのが、下記の商品。
何が便利かって言えば、必要最低限の用意でレジャーが行えることです!

ハイマウント|コインスタッシュ
『ハイマウント|コインスタッシュ』

外国製なので、日本円は最適なサイズではありません。ひと工夫を施した使い方をしましょう。

海まで行くのに移動しなければならない!

電車を使うのであれば、最寄り駅のコインロッカーを使用することをオススメします。

個人的なイメージですが、海の家より駅のコインロッカーの方が安全な気がします。それは、管理している人間多さや、母体の大きさがあるからです。

旅館や民宿に宿泊してつつ、海水浴を楽しむ場合は、その宿に備え付けられている金庫などをご利用下さい。

車で訪れた場合は、外から見えないようにシートの下やトランクの中などに入れておきましょう。

こんな感じで、盗難に対する自己防衛策を色々とご紹介しましたが、それでも盗まれてしまう時は、盗まれてしまうものです。

そこで最後に、盗難被害にあってしまった時の対処法をお伝えします。

プールや海で盗まれた!?そんな時どうする?

SOS緊急電話

速やかに警察へ被害届を出して下さい

それが全てです。

もちろん、その海水浴場を管理する側にも伝えましょう。
被害者が自分一人とは限りませんし、被害の拡大を防ぐためにも、しっかりとアナウンスしてもらいましょう。

こういう時、人のために出来ることを考え、それを実行するのは想像するよりも辛く面倒なことかもしれませんが、だからこそ動きましょう。

正直な話として、きちんと管理されたコインロッカーに預けていて、盗難被害にあった場合を除き、特に金品は戻らないと考えていいと思います。

そのため、警察への被害届を出すと同時かその前に、銀行カードやクレジットカードの使用停止をお願いすることは忘れないように!

せっかくのレジャー、せっかくの海やプール、ただ楽しむことだけを考えるのではなく、帰ったあとも今日は楽しかった!と言えるように、事前の対策を忘れないで下さいね!

family-591581_640

オススメ記事

-シーズン