美容と健康

インフルエンザが伝染る期間とは?感染経路は?移らない対策は?

あ、やばい

あなたは毎年
インフルエンザ対策
していますか?

毎年冬になると、インフルエンザ
流行の兆しをみせます。

インフルエンザの対策には
予防接種や外出時のマスク着用
帰宅後のうがい手洗い
などが基本ですね。

典型的で目新しいことはありませんが
やっぱり基本的なインフルエンザ対策
とても効果的であり、どんな形のウィルスにも有効です。

ただ、いざインフルエンザに
あなた、もしくはご家族が感染した時
誰かに移さない対策の準備は出来ていますか?

そこで、意外と抜け目がちな
インフルエンザを移さない対策をメインに
感染する経路や感染対策について
気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

インフルエンザはどうやって感染するの?

インフルエンザが感染する経路は
飛沫(ひまつ)感染接触感染になります。

飛沫感染とは、ツバや鼻水などが
咳やくしゃみにより、飛散し、
それを吸い込み、インフルエンザに
感染してしまうことです。

接触感染とは、インフルエンザの感染者が
咳やくしゃみをした際、飛散してしまった
ツバや鼻水に健康な人が触れ、
口や鼻、目を触ると、感染してしまうことです。

また接触感染は厄介で、感染者が
手で口元を覆い、咳やくしゃみをし、
その後、手を洗わずに物に触れた場合、
触れた物には、ウィルスが付着することにあります。

この事から、インフルエンザを
予防することには、限界があります。

したがって、インフルエンザに
感染しない為には、すでに感染している方に
近付かない事と、感染者がきちんと自覚して、
移さない努力をしてもらうしかありません。

インフルエンザに感染しない為の心得とは?

インフルエンザに感染しない為には
感染者に近付かない事と、
自覚してもらう事しかありません。

しかし、現実問題
感染者が自覚するには
体に変調が起こってからでないと
気付きにくいものですよね?

ましてや、インフルエンザには
体調にはっきりとした変化が見られるまで
数日の潜伏期間があります。

この潜伏期間の間に
ウィルスが体の中で増殖
喉の痛みや鼻水、頭痛、発熱があり、
ついには発症に至ります。

よって、感染しないためには
自分で出来る限りの対策を
取らなければなりません。

でも、対策ってどうすれば?
その為の心得をご紹介します。

◆インフルエンザ対策の心得
  • 繁華街になるべく近付かない!
  • インフルエンザ対策には、感染者のそばに近寄らない事が一番です。それには、人混みを避けるべきです。

  • 睡眠と栄養をしっかり取る!
  • 睡眠や栄養不足は体力が万全とは言えません。やはり、病気は体力が落ちている時、感染しやすいものです。どちらもしっかり取りましょう!

  • 疲れたら早めに寝る!
  • 睡眠不足にならない事にも繋がりますが、満足に疲労回復が行えないと、インフルエンザに感染しやすくなります。注意しましょう!

  • マスクを着用する!
  • 飛沫感染も接触感染もウィルスに触れることからインフルエンザにかかります。

    そこで吸い込む事を防ぎ、ついつい触れてしまいがちな口や鼻を覆うマスクは有効な感染対策です。

  • 帰宅後はうがい手洗い!
  • これは絶対的な基本です!インフルエンザだけではなく、風邪対策としても有効なので、ぜひ習慣付けましょう!

上記に気をつける事で
インフルエンザに感染する可能性は
何も対策をしないより、低くなります。

最後にインフルエンザに感染した際、
誰かに移さない対策をご紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザを移さない対策とは?

インフルエンザに感染したからには
それを移して、誰かに迷惑を
かけたくはないですよね?

だからこそ、インフルエンザを
移さない対策こそ、しっかり知っておきましょう!

◆インフルエンザが移る期間とは?

インフルエンザにかかってしまったら、まず人との接触を減らしましょう。病院に通院する際は、きちんと感染対策をして、外出しましょう。

その上で重要になるのは、インフルエンザが移る期間をきちんと把握する事です。

ここ重要です!

インフルエンザの感染期間は、発症した前日あたりから、およそ1週間ほどだと言われます。

もちろん個人差はありますが、熱が下がり始め、咳や鼻水などの典型的症状がなくなってきたら、回復に向かっていると言えます。

その後、完全に熱が下がったら、完治したと考えても良いでしょう。しかし、ここからが大切です!

本人的には、インフルエンザから解放されたと思っても、まだ体内にはウィルスが潜んでいる可能性があります。

その為、一般的には2日子供は3日程度の予備期間を設けましょう。

予備期間中は外出を控え、完全にウィルスを追い出しましょう!

インフルエンザには
完治後の潜伏予備期間があり、
予備期間中は、移す可能性があります。

インフルエンザが移る期間を
しっかり把握して、人に移さない努力
していきたいものですね!

今回の情報が
あなたのお役に立ちましたら、幸いです。

オススメ記事

-美容と健康
-, , ,