豆知識・雑記

固まったオリーブオイルは、体に悪い?簡単な保存方法と元に戻す方法とは?

2015/09/19

オリーブオイルが固まらない方法

オリーブオイルは、
健康ブームの昨今、人気で
日常的に使う方も多い、食用油です。

オリーブオイルは、
一般的に液状で販売されています。

しかし本来、液状で
販売されているはずの
オリーブオイルが、時折、
固まる事があるってご存じですか?

今回はそんな、
何故か、固まってしまった
オリーブオイルについて、調べてみました。


固まったオリーブオイルは、体に悪いの?

久しぶりに使おうと
冷蔵庫で保管しておいた
オリーブオイルが固まってしまっていた・・・

そんな経験、ありませんか?

固まってしまった
オリーブオイルは、なんだか体に悪そう。

でも、そうではないようです。

オリーブオイルの性質

オリーブオイルは、10℃以下の低温で保管をしていると、白い粒が沈澱したり、濁ったり、固まってしまったりします。

しかしこれは、オリーブオイル自体の品質に問題があって、起こった現象ではないので、普通に使うことができます。

ちなみに、固まる、溶けるを繰り返すと、オリーブオイルの風味は落ちてしまいますが、口にするには問題はありません。

劣化したから、
オリーブオイルが、
固まった訳ではないと言うことですね!

スポンサーリンク

オリーブオイルが、固まらない保存方法は?

オリーブオイルは、
固まる、溶けるを繰り返すと
風味が落ちてしまうのであれば、
固まらないように、保存しておきたいものですよね。

オリーブオイルが固まるのは、
水が冷えて凍るのと同じ現象で、
成分の一部が、低温で固まり、起こる現象なのです。

その為、オリーブオイルが
固まってしまうのを防ぐには、
10度以上の温度で、保管すれば良い訳です。

ただ、保存温度や
保管状況には、注意するポイントがあります。

あまり高温すぎたり、
直射日光が、当たるような
場所では、オリーブオイルの
品質を下げてしまうので、避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

固まったオリーブオイルを、簡単に元に戻る方法は?

固まっても、
品質に問題がないければ、
捨ててしまうのは、もったいないですよね。

固まったオリーブオイルを
簡単に溶かす方法をご紹介します。

湯せんにかける

鍋に水を入れ、50度~60度くらいの温度になったら、ビンごと湯せんにかけます。結晶や、固まりが全て溶けたら、お湯から出して冷まします。

レンジにかける

必要な量だけを取り出して、レンジで少しずつ様子を見ながら、溶かします。

オリーブオイルも油ですので、温度が高くなりすぎないように注意してください。

常温に置いておく

時間はかかってしまいますが、これが一番簡単な方法です。

オリーブオイルは紫外線を嫌いますので、直射日光の当たらない場所に置いてください。

オリーブオイルは、温度が
低すぎる場所で保管をしても、
固まってしまいますし、高温すぎる場所も苦手です。

以上のことから、
オリーブオイルは、10度以上の
常温くらいの場所で、保管をしておくことが、ベストです。

オススメ記事

-豆知識・雑記
-, , , ,