美容と健康

便秘解消にはお灸がオススメ!その効果とは?簡単オススメ3つのツボ!

2015/09/19

お灸で便秘解消

便秘って、
ホント、不快ですよね~。

毎日が、すっきりしないし、
お肌の調子も悪くなりがちです。

そんな便秘を
解消する方法として、
お灸はいかがでしょうか?


お灸には、どんな力があるの?

お灸というと、何か、
乾燥した草に火をつけて、
じっと我慢をしている・・・そんな、イメージがあります。

それには
どんな効果があるのでしょう。

●お灸とは一体なに?

温熱でツボを刺激して、血行を良くし、体を温めて、人の体が本来持っている、自然治癒力を高めてくれるものです。

一見、カイロと似たようなものにも思えますが、お灸に使うモグサは、熱を加えると、体の冷えを取ってくれたり、コリをほぐしてくれたりと、色々な効果があります。

お灸は、モグサの熱で
ツボを刺激することにより、
カイロとは違う効果が、得られるようですね。

スポンサーリンク

お灸で、便秘解消はできるのか?

お灸を使い、
ツボを温めるだけで
便秘が解消できたら嬉しいですよね!

本当のところは
どうなのでしょう?

■便秘の定義

東洋医学では、毎日お通じがなくても、2~3日に1回きちんとあれば、便秘とは言いません。

お通じが不規則だったり、お腹が張ったり、量が少なかったり、苦痛を伴うものを便秘と言います。

お灸は、
便秘を解消するだけでなく、
便秘になりやすい体質を、改善してくれます。

お灸をした人の中には、
その日の夜や、次の日の朝に
お通じがある人もいるようですよ!

お灸は、便秘に悩む
あなたの、強い味方になります!

スポンサーリンク

お灸で便秘解消する際、正しいやり方はあるの?

お灸をする際の注意点を
調べてみました。

お灸は火を扱うものなので、
十分、気を付けて行ってください。

■お灸をする際の注意点
  • 煙が出るので、換気扇をつけること!
  • 使い終わったものはしっかりと水に濡らして、火を完全に消してから捨てること!
  • 入浴前後は避けること!
  • 熱いと感じたり、ピリピリする感じがあれば、お灸をすぐに外すこと!

なお、ツボにあらかじめ
水性ペンで印をつけておくと、
火を付けた後のお灸をスムーズに置くことができますよ。

また、初めて
お灸を選ぶ時には、
小さな台の上に、モグサが
乗っている、タイプが扱いやすくて、オススメです。

お灸は、リラックスできる
時間にすることで、効果が上がります。

じんわりとした温感が、
ストレスも、解消してくれますよ!

便秘しがちな人に、オススメのツボはある?

お灸の扱い方は
分ったけれど、イマイチ
どこに、お灸を置いたらいいのか分らない・・・

そんな人にピッタリの
便秘解消のツボをご紹介します。

天枢(てんすう)

おへその両脇、指三本分外側へずらした所にあります。

神門(しんもん)

手のひらを上にして、小指側の手首にある骨のでっぱりと、手首の間にあります。

足三里(あしさんり)

膝の骨のすぐ外側にあるくぼみから、指四本分、下がったところのすねのふちにあります。

この3つのツボは、
自分でお灸を置いたり
外したりすることが、簡単にできます。

お灸は、続けることが
大切なのだそうです。

便秘にお悩みなら、
例え、毎日は無理でも、
2~3日に一度で良いので、
お灸を取り入れてみては、いかがでしょう?

オススメ記事

-美容と健康
-, , , ,