家庭と生活

お風呂場に発生した、カビ対策~大掃除を前に、ちょっと一工夫

2015/09/19

kabi

月日が経つのは早いもので、もう年の瀬です。
お正月に向けて、少しずつ掃除をしていきたい!
そんな時期となりました。

今回は、そんな主婦の方に、
簡単な、お風呂場のカビ掃除方法を、
お伝えしたいと思います。

お風呂場のカビ掃除は、意外と手間取るので、
早めに、対策しておきたいものですよね。

お風呂場に生える、カビの種類は?

お風呂場に生えるカビの、なんと90%が、
黒系のクロカワカビや、スズカビです。

黒系のカビは、高湿度を好むため、
必然的に、お風呂場に生息するカビの多くは、
黒系のカビになります。

この黒系のカビは、毒性が強く、乳幼児や高齢者、
重い病気にかかっている方には、
特に、悪影響を与える恐れがあります。

また、低温や乾燥にも強いので、
小まめに、掃除するようにしましょう。

スポンサーリンク

浴室のカビ対策前に、原因を知ろう!

浴室のカビの原因は、入浴時に出る皮脂や垢です。
浴槽に浮いた皮脂は、湯気にのって、
浴室の壁や、天井に付着し、それがカビの栄養になります。

天井にいるカビが、お風呂場中に、
カビの胞子を、ばら撒いています。

また、お風呂場は、カビの好む室温(20~30℃)、
湿度(80~100%)であり、石鹸や人の垢など、
栄養源も豊富なので、カビが発生しやすい環境にあります。

効果的な、お風呂場のカビ防止方法は、これだ!

お風呂場のカビを防止するポイントは、3つです。

  1. お風呂場を乾燥させる。
  2. カビの栄養源を絶つ。
  3. お風呂場を低温にする。

以上の手順を踏まえ、それを実践してみましょう。

  1. シャワーで、冷水を壁や床をまきます。お風呂場を低温にして、
    カビの栄養源を絶つことができます。
  2. お風呂場に窓がある場合は、窓を開けて、
    換気扇を回します。お風呂場を、乾燥させることができます。
  3. 天井や壁、床の水分を拭き取ります。
    カビの栄養源を絶ち、お風呂場を乾燥させることができます。

以上、毎回実践することで、効果があるものです。
ただし、時間がない時は、時短手段を有効に使いましょう。

お風呂場のカビ対策『時短方法Ver』
お風呂の残り湯など桶を使って、洗い場や壁にかけ、
飛んだ石鹸や、シャンプーを洗い流します。
簡単ですが、カビの栄養源を絶つ効果があります。

スポンサーリンク

最後に、定期的なカビ対策をどうぞ!

定期的に、お風呂場のカビ対策を行うには、
以下の事を心がけてください。

週に1回程度消毒する。
薬局などで売っている、消毒用エタノールを、
壁が発生しやすい場所に、スプレーしましょう。
タイルの目地に、ロウを塗る。
タイルの目地は、カビが発生しやすい箇所です。
撥水効果のある、ロウを塗っておきましょう。

オススメ記事

-家庭と生活
-, ,