ノロウィルス

子育て真っ最中のお母さんを襲う、ノロウィルス感染!予防法は?

2016/10/12

vi

ノロウィルスは、
ちょっとした事で、感染します。

いつ、どんなきっかけで、感染するのか?
それが難しいので、流行る前に対策を立てておきたいですよね!

ノロウィルスに感染すると、どんな症状が出るの?

ノロウイルスは、
『非細菌性急性胃腸炎』を引き起こします。
ノロウイルスの主な症状は、微熱・腹痛・嘔吐・下痢になります。

通常は、1~2日で治癒しますけど、
重症になると、脱水症状が現れることもあります。

感染の主な原因は、カキなどの、
2枚貝類を食べることで、起こりやすいです。
実際、私の友人もカキから、ノロに感染したそうです。

ノロが、流行ってきたぞー!とか、流行りそうだぞ―!って時は、
なるべく、生カキを食べる事は控えましょう!
特に11月~2月頃は、ご注意を!

スポンサーリンク

ちなみに便や、嘔吐物が乾燥し、チリやホコリになったもの、
それらが付着したモノに触れ、その後、十分に洗浄しなかった時など、
空気感染ではないですけど、近い状況で感染しちゃいますから、注意です。

特に現在、子育て真っ最中の、
お母さんがかかっちゃうと、一大事です!

お母さんから、お子さんへ。
お子さんから、お母さんへと、ノロウィルスがループしちゃいます…

ru

ノロウィルス対策は、哺乳瓶の消毒すること?

ノロウイルスの感染経路は、
感染した人の便や、嘔吐物によって感染します。

もちろん、哺乳瓶からの感染も考えられますので、
ミルトンなどを使い、消毒することをおすすめします。

ノロウィルス消毒には、ミルトンを!

感染対策の基本は、マスクをすること!
おむつの世話をした後は、手洗いをきちんと行うこと!

そして、嘔吐物を処理するときは、
マスクと手袋を着用して、乾く前に処理しましょう!

雑巾などで、しっかりと拭き取り、
嘔吐物は、雑巾ごとビニール袋に入れて、密閉したまま捨てましょう。

その後、吐いた場所から、
広範囲で、塩素系消毒液を使い、消毒する!

これでバッチリですけど、
念の為、こちらもどうぞ~♪

ノロウィルスの感染した時の対処法

ノロウイルスの症状は、風邪に似ています。

1~2日程の潜伏期間を経て、
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱、悪寒、
のどの痛み、筋肉痛、倦怠感などの症状がでます。

成人だと、1~2日で治癒します。
成人は、特別な治療をすることなく、治ります。

その後も、便に菌が排出され続けるので、
しばらくの間は、トイレ後の手洗いを徹底してください。

しかし、乳幼児や老人など、体力が弱っている人には、
嘔吐による窒息や、下痢による脱水に、注意がひつようです。

乳児が、ノロウイルスに感染した場合、
母乳で育てているお母さんは、そのまま母乳を与えましょう。

胃腸炎で弱った粘膜には、
ミルクより母乳のほうが負担が少ないからです。

母乳にしても、ミルクにしても、脱水症状に注意して、
こまめに、授乳してあげてください。ただし、一回の量は、少な目!

junyu

吐いてばかりで、薬が飲めないことがあるので、
吐き気止めは、座薬でもらうのが、おすすめです!

また、普通の水を飲むことが難しいようなら、
市販の経口補水液をスプーンで、少しずつ飲ませてあげましょう。
ちなみに授乳は、お母さんがノロウイルスに感染してても、大丈夫です!

ノロウイルスの対処は、
とにかく脱水症状に注意して下さいね!

オススメ記事

-ノロウィルス