風習・行事

役立つ年賀状の知識!いつからいつまで出せる?書き損じはどうする?お年玉くじの発表日は?

年賀状はいつからいつまでに出すもの?

私の場合、
いつも年末が近くなると、
書き始める年賀状

毎年、元日に届くのか?って感じで、
年賀状を書き終わっています。

またギリギリに書いているからなのか、
非常に書き損じが多いんですよねー・・・。

そんな訳で、2017年は、
ちゃんと年賀状を届けるぞ!と言う想いを込めて
いろいろな疑問とその答えをまとめました!

スポンサーリンク

年賀状はいつからいつまでに書くものなの?元日に届くための投函期日は?

年賀状は、期間外であれば
普通のハガキとして使えます。

それは、お正月が過ぎたからだけではなく、
年賀状の受付開始以前でも同様です。

年賀状はいつから受付開始なの?

年賀状の受け付けは、
毎年12月15日から始まります。

12月14日までは、
普通のハガキとして処理されます。

よって、くれぐれも、
間違い投函はしないようにしましょう!

なお、年賀状の受付開始は、
日付を気にしていなくても分かります。

年賀状の受付が開始されると、
有名タレントが年賀ハガキを
ポストに投函するイベントを行い、
これをテレビや雑誌などが取り上げてくれます。

ヤフーニュースにだって載りますから、
それを見て判断してもいいでしょう。

ヤフー

年賀状はいつまでに投函すると元日に届くの?

年賀状が、元日までに
間違いなく届いて欲しい!
そんなあなたは、12月25日までに投函しましょう!

お届け場所によっては、
多少の猶予がありますが
元日に年賀状を届けるなら、
12月25日までです。

特に遠方に住む方へ、
年賀状を届けるのならば、
早めに投函しておいた方が安心です!

ちなみに私の経験上、
近場であれば、28日なら、
元日に年賀状が配達された経験があります。


年賀状を受付開始前に投函してしまった場合の対処方法は?

年賀状は、12月15日以降であれば、
翌年になってから配達されることが
法律上で決まっています。

しかし、12月14日以前に投函した場合、
年賀状として見なすかは、
郵便局の裁量次第になります。

そのため、場合によっては、
翌日か翌々日に配達される可能性があります

ちなみに、間違った!と気がついて、
郵便ポストの前に回収員を待っていても、
一度投函された物を返してくれません

本人確認とか、安全対策ではなく、
単純に回収員にその権限がないようです。

※一度、回収員の方に聞いたことがあります。

12月15日以降の年賀状投函にもご注意を!

12月15日以降であっても、
年賀状を出す時は、投函口に注意しましょう。

ポストによっては、
年賀ハガキ専用の投函口
設けられている物があります。

そうしたポストの場合、
きちんと年賀状用の投函口にハガキを入れましょう。

ポスト

年賀ハガキ以外のハガキで年賀状出す場合に注意することは?

年賀状として、
年賀ハガキを使わない場合、
年賀と、しっかり赤字で明記しましょう。

基本的には、
赤字で年賀と書いてある
ハガキや封書を
年内に配達することありません。

稀に、配達人のミスや
区分する時にまぎれていて、
間違って配達されてしまう場合はあります。

そのため、はっきりと
分かりやすく年賀状であることを
明記しておく
必要があります。

一番安心できるのは
郵便局の窓口で直接渡すことです。

これなら、窓口の方に
年賀ハガキである旨を伝える事ができます。

年賀状

出していない相手から年賀状が届いてしまった場合の対処方法

あなたも経験があると思いますが、
出していない、もしくは出し忘れた人から
年賀状が届くことってありますよね?

もちろん私も経験者です!笑

そんな時は、
あわてて年賀状を書き、
郵便局に急いで出しに行きます。

作法として大事なこと!

こんな時は、松の内である
1月7日以内に届くように
しましょう。

1月8日以降に届く場合は、
年賀状ではなく、
寒中見舞いとして出すのが作法です。

スポンサーリンク

これはどうすべき?!書き損じた年賀状の使い方とは?

年賀状は心を込めて、
間違えないように気をつけていても
数枚は、書き損じが出てしまいますよね。

そんな時、あなたはどうしていますか?

私は郵便局に足を運んでいます。

書き損じた郵便ハガキは郵便局へ持っていく理由!

普通のハガキとしても使えない
書き損じてしまった年賀状は、
郵便局で新しいハガキと交換して貰えます。

交換対象は、
年賀ハガキや切手、
普通のハガキと
状況により選べます。

ただし1年が経過し、
お年玉くじが1年前の物になると
交換が出来なくなります。ご注意下さい!

なお年賀状の交換には、
手数料として5円が必要です。

ちなみに、未使用の年賀ハガキは
無料で交換してもらえます。

破れなどの破損の場合は、
手数料はかかりますが、
交換可能です。

年賀状についているお年玉くじの当選番号はいつ発表されるの?

なんだかんだ言っても
その発表にワクワクしてしまう
年賀状のお年玉くじ

その当選発表は、
毎年、この日だ!って決まりはありません。

1月15日~19日までの間に発表するもので、
2017年に関しましては、1月15日です。

景品の引き換え期間は、
当選発表翌日から、6ヶ月間です。

2017年であれば、
1月16日から、7月18日までです。

ご注意下さい!

年賀ハガキのお年玉くじはどんな物がもらえるの?

1等|下6桁が一致

1万点以上の商品・旅行・体験プラン等からの選択できるセレクトギフト、または現金10万円

当選確率|100万本に1本

2等|下4桁が一致

ふるさと小包など

当選確率|1万本に1本

3等|下2桁が一致

お年玉切手シート

当選確率|100本に2本

郵便局の窓口に
当選した年賀状を提出し、
確認してもらいましょう!

なお、余った未使用の年賀状でも、
書き損じの年賀状の場合でも、
お年玉くじが当選したものは
きちんと交換してもらえます。

朝日

役立つ年賀状の知識についてのまとめ

年賀状は、
いくつになっても
お正月だなーと実感できますね。

自分がそう感じるのなら、
贈る方にも元日にお正月を感じて欲しい!

そのため、今年こそ、
年賀状を出す日には
気をつけたい
と思います!

オススメ記事

-風習・行事