子育てとしつけ

猫のトイレトレーニング|子猫の頃にきちんとしつけて覚えさせましょう!

2016/11/08

猫のトイレトレーニング

今日は猫にトイレの使い方を
訓練又は、再訓練する方法をお話します。

世間の通説とは違って、
母猫は、子猫にトイレの
使い方を教えません。

だからこそ、
猫ちゃんに、ちゃんと
トイレを教える方法を覚えましょう。

スポンサーリンク

猫の習性を利用する

母猫の行動を見ずとも
子猫は、生後数週間で砂を掘り
粘着性のない乾燥した物の上で排泄を始めます。

この習性を利用し、
子猫にトイレを使う訓練をします。

◆習性を利用したトイレトレーニング

部屋の一方の端に水を置いて、暖かい寝場所を作り、もう一方の端に綺麗なトイレを置いておきます。

猫がいつトイレに行くかを知るために、定期的にフードを与えます。食事が定期的なスケジュールであれば、排泄もそれに従って行われます。

おもらしが解消されるまで、定期的なスケジュールでフードを与えると、トイレを利用するスケジュールもパターン化できます。

猫がトイレを使う時にはそばにいて、きちんと使ったら褒めることも忘れずに!なお、子猫は起床後、食後、運動後にトイレに行きますので、このタイミングを知ることも重要です。

ちなみに、トイレ訓練が
完了するまで家の中に猫を
放さない事をオススメします。

多少でも家を空ける場合は
台所、お風呂、用具室、
地下、ガレージなど
防水性の床になっている部屋に
猫を置くことがいいと思います。

猫にトイレの場所を教えるには?

猫が、自分のトイレを位置を
認識するまで、ちゃんと教えましょう。

◆トイレの場所を覚えさせる方法

家のあちこちに猫が粗相をした場合は、おもらしをした場所から、猫砂が敷いてあるトイレまで呼びます。

トイレに近づいてきたら、砂をカリカリと引っ掻いて猫の興味を引きます。同様にお昼、猫が2時間くらい寝ていたら、起こしてトイレに来させます。

トイレに入るように促して、入ったら褒めてあげます。この時、たとえ排泄しなくても、猫砂がトイレなのだと言うことを覚えていきます。

猫が実際にトイレを使ったら、
優しく褒めてあげましょう。

終わったらそっとなで、
おやつをあげ、その行動に
とても喜んでいることを
猫に知らせると良いです。

スポンサーリンク

それでも粗相をする猫には?

それでも粗相をしちゃう
猫は当然います。

こうした際、粗相した時に
猫を持ち上げ、トイレの中に入れます。

なお、猫砂に入れる前に
猫を怒らないでください。

◆何故トイレに運んだ時、怒ってはダメなのか?

猫はトイレに入れることと、怒られることを関連づけて、トイレには行ってはいけないと思うようになります。

また、粗相の後で猫を叱ると、あなたを怖がるようになります。くれぐれも、粗相の場所に猫の鼻を押し付けたり、そこに無理に連れて行かないでくださいね!

叱られている理由が分らず、次回からは叱られるのを避け、ソファーの後ろなどの隠れた場所で排泄しようとするかもしれませんよ!

基本的に猫を叱っても
トイレは、うまくいきません。

予防と正しい行為を
褒めることが成功のコツです。

粗相をした場所を嫌いにさせるには?

トイレトレーニング中
粗相をした場所が
トイレだと思わせては行けません。

そこで、必ず対策を取りましょう。

◆粗相をした場所の後始末

トイレトレーニング中、粗相をした場所には、水とお酢を半々に混ぜた液で、すぐに掃除しましょう。これにより臭いが除去され、同じ場所で、排泄しなくなるでしょう。

もしくは、その場所をビニールシートで覆ってみてください。これは猫にとって不快なことで、その場所には行かなくなります。

トイレトレーニング中の注意点

トイレの訓練中、常に
少量の尿または糞を
残しておきます。

その臭いがトイレの目的を
思い出させます。

猫がトイレを使えなかったり
探せなかった場合には
猫から常に見える場所に移動させます。

遊びをやめ、匂いを嗅いだり
床を引っ掻き始めたら
猫砂にそっと猫を入れます。

トイレに入り、
使うことを覚えたら
一生忘れないはずです。

◆最後にまとめ
  • 使いやすい場所に綺麗なトイレを置く
  • トイレを引っ掻いて、猫の興味を引く
  • トイレを使ったら、すぐに猫を褒めたりおやつをあげる
  • 予防と褒めることが成功のカギ。叱ってもうまくいきません!

オススメ記事

-子育てとしつけ
-, , , ,