家庭と生活

ズボラ主婦必見!冬に欠かせない、土鍋の正しい使い方&洗い方

2015/09/19

donabe

冬が近づき、いよいよ今年も、
鍋料理の、美味しい季節になってきました~!

冬の鍋物といえば、土鍋ですよね!

毎年、冬になると姿を表わす土鍋って、
ちょっと家族みたいな、不思議な感覚がありませんか?

そこで今回は、最も冬のお鍋に活用される、
土鍋の正しい使い方から、洗い方までをご紹介します!

瀬戸物製の土鍋を、使いはじめる前に

まず、新品の土鍋を使い始める前には、
『目止め』を行います。

目止めとは、陶器にある微細な隙間に、
染み込みを防ぐために行うことです。

例えば、鍋焼きうどんを作り続けると、
味噌の色が土鍋に染みこむ事を防ぎます。

この目止めを行う際は、
以下の方法のどれかで行ってください。

スポンサーリンク

  • 米のとぎ汁を使う
  • 新品の土鍋に、お米のとぎ汁を8分目ほど入れ、
    10分~20分程、ふっとうさせます。

  • お粥を炊く。
  • 通常の手順で、おかゆを炊いて下さい。
    事前に土鍋は、よく洗いましょう!

  • 小麦粉や、片栗粉を使う。
  • 土鍋に、水を八分目まで入れ、
    大さじ2杯の小麦粉や片栗粉を入れます。
    その後、10分~20分、ふっとうさせます。

    土鍋の正しい使い方と、注意するべきことは?

    お鍋って、ちょっとした使い方の違いで、
    長持ちします。先ほどの、目止めもその一つ。

    今度は、日頃使う上での注意点をご紹介します。

  • 中火以下の火加減で、使用!
  • 強火にしない事で、土鍋の寿命は伸びます。
    沸騰したら、弱火で、ぐつぐつ煮込みましょう!

  • 洗う前は、自然に冷めるのを待つ!
  • 土鍋は急激な温度変化に弱いので、使用後は、
    自然に冷えるのを待ってから、水洗いしましょう!

  • 空焚きはしない!
  • 当たり前の事ですが、とても危険です。
    逆に、洗いたての状態で使うのも、NG。
    外側の底は、使う前に、きちんと拭きましょう!

    yosenabe

    土鍋の正しい洗い方を教えて!

    土鍋の正しい洗い方と言っても、
    決してそんな難しいことじゃありません。

  • 冷ましてから、水洗いをする。
  • 先程も触れましたけど、
    熱々のまま、土鍋を洗い始めない様に!

  • 洗剤の使用は…?
  • 土鍋を洗う際、洗剤を使用する場合は、
    手早く洗い、水でよく洗い流しましょう!
    なるべくは使わない事が、正しい洗い方です。

  • 洗剤での浸け置き洗い、NG!
  • 土鍋は、なるべく土鍋を使わない事!
    浸け置きなんて、もってのほかですよー!

  • 使用後は、しっかり乾かす。
  • 急激な温度変化を嫌う土鍋ですから、
    水に濡れたままでの使用は、NGなのです。
    ひび割れや破損なんてこと、当たり前に起こります。

    以上のことに気をつけて、安全に末長く、
    土鍋を使って頂きたいと思います♪

    オススメ記事

    -家庭と生活
    -, , ,