豆知識・雑記

招き猫で商売繁盛!左手と右手の意味は?正しい置き場所は、何処か調査!

2015/09/19

manekineko

商売繁盛の縁起物といえば、招き猫を思い浮かべる人も、多いはず。でも、あげている手は、右手だっけ、左手だっけ、それとも両方・・・あれ?

実は、招き猫のあげている手には、意味があるので、全部存在するんです。今回は、招き猫の事を調査してみました。

招き猫の由来と、その意味

招き猫の由来は、とても多く、諸説あるのですが、もとは、農作物や蚕を食べる、ネズミを駆除してくれる猫にあやかって、養蚕の縁起物としていたことや、東京世田谷にある、豪徳寺のお話が起源とされていることが、多いようです。

豪徳寺や、他の神社仏閣で、昔飼っていた猫が、おいでおいでと、手をあげて、福を呼んできたというお話が多く、招き猫が、手をあげているのは、このためです。

招き猫ってどうして、右手や左手、両手と、色々あげているのか?その意味をご紹介!

招き猫が手をあげているのは、福を呼び寄せるためですが、そのあげている手には、意味があるというのは、有名ですね。

  • 右手を挙げた招き猫=金運を招く
  • 左手を挙げた招き猫=人(お客さん)を招く
  • 両手を挙げている招き猫=上の両方を招く

なお、両手をあげている招き猫が作られたのは、最近のことで、昔は存在しなかったようです。また、両手をあげている猫は、「欲張るとお手上げになる」ということを危惧して、手元には置いておかない人も多いとか。

また、その手の高さにも意味があり、手を高くあげていればあげているほど、より遠くからの福を招いてくれるというのです。意味を正しく理解した上で、招き猫をお店や、我が家にお迎えしたいものですね。

スポンサーリンク

招き猫を置く、正しい場所ってあるのだろうか?

招き猫をお迎えしたら、次に気になるのは、どこに置いたら良いのか?ということでは、ないでしょうか?

招き猫の正しい位置は、人の目線より高いところに置くことと、扉の方向を向かせてあげる、ということの二つです。例えば、玄関に置くとするのであれば、玄関の高い位置から、玄関扉に向かわせるという風に、置くのです。そうすると、外からの良い運気を招いてくれるそうです。

スポンサーリンク

ちなみに、招き猫の毛色が三毛の場合は、その性別は、オスの猫ちゃんなんですよ!というのも、三毛猫は、ほとんどがメスなので、オスの三毛猫はとても珍しく、福を呼んできてくれると言われているからです。

何でも、毛色を決める遺伝子の都合上、茶色の遺伝子は、メスのXX染色体にしか存在せず、基本的には、メスしか生まれません。オスが生まれる時は、クラインフェルター症候群と呼ばれる、染色体異常などが起こった為で、その確率は、なんと!30000匹に1匹なんだとか・・・その確率を聞くと、オスの三毛猫に店先で、ゴロゴロくつろいでいてもらいたいな~と思うのは、私だけじゃないはずです。

だからこそ、三毛猫の招き猫は、オスなんですね!

オススメ記事

-豆知識・雑記
-,