美容と健康

首の血行障害がおこす症状とは

2015/09/19

kubigaitaidesu

冬になると、
首が痛くなる人はよくいます。

寒くて縮こまったり
厚着をすると、肩が凝って
首もいたくなります。

しかし、つらい首のこりですが、
単なる肩こりの仲間ではなく、
頸椎症や全身にかかわる病気の可能性もあります。


首の血行障害がおこす症状とは?

首の中には、頭部につながる脊椎、
脳に血液を送る、大きな血管、
脳と体の各部分をつないでいる
神経など、せまいエリアに重要なものが詰まっています。

首の血行が悪くなると、
筋肉が硬くなって、神経を圧迫し、
筋緊張型頭痛を起こします。

また、自律神経を圧迫して
吐き気やめまい、睡眠障害の様な
自律神経失調症状がおこることがあります。

さらに悪化して、
自律神経の異常が長期化すると、
内臓の機能が不安定になり、
全身のバランスが崩れてしまいます。

冬になると首が痛む人は、
頸椎症の可能性もあります。

頚椎症とは?

首の骨と骨のあいだの椎間板に異常があると、神経が刺激されて痛みを感じる病気で、寒さで血行が悪くなると、筋肉が硬くなって神経を刺激するので、症状が悪化します。

スポンサーリンク

首の血行障害は、薬で改善できる?

首のこりは、肩こりと同様に、
消炎鎮痛薬の湿布を使ったり、
イブプロフェンを飲んだりして改善できます。

頸椎症では、ボルタレンや
ロキソニンという
強めの鎮痛剤を使います。

また、神経の修復を早める
ビタミンを飲むこともあります。

病院に行った時の治療法

まずは、整形外科で
頸椎に異常がないか、
チェックしましょう。

首がこる理由

むち打ちで、頸椎が捻挫していたり、首の骨と骨のあいだの椎間板に異常がある、頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアでも、首こりがおこります。

また、手や腕のしびれ、
めまいなどもある場合、
神経内科や、脳神経外科の
受診が必要になる場合もあります。

大きな病気がみつからなければ、
固まった筋肉をほぐす治療を行います。

整形外科で、よく行われる
温熱療法や牽引の他、
ペインクリニックでは
神経ブロック注射を行います。

美容外科では、
ボトックス注射で、
首の筋肉をほぐし、
コリを改善できるそうです。

スポンサーリンク

首の血行障害で、手術など行う?

頸椎症の場合は、
神経を圧迫している
骨の一部を削るため、
手術を行うことがあります。

圧迫している場所により、
頸椎の一部を取り除いて、
代わりの板などを、埋め込む場合があります。

オススメ記事

-美容と健康
-, , ,