豆知識・雑記

香水のつけ方を研究~手首、足首、服へと、デートの身だしなみガイド

2015/09/19

kousui

あなたは、香水をつけていますか?

ふわりといい匂いが香ると、
思わずその人に、近づいてみたくなったり、
香りでその人のこと、思い出したり・・・。

デートでも、香水を上手に使って、
次にまた、会いたい人だと思われませんか?

香水の香りは変化する!

香水は、つけてからずっと、
同じ香りが続くのではなく、時間がたつにつれ、
少しずつ、香りが変化していくものなのです。

それは色々な香料が、ブレンドされている為で、
香りだすのが早いものや、
後から香ってくるものが、あるためです。

その香水の香りが匂う時間帯は、
大まかに分けて、3つの段階があります。

トップノート

香水をつけてすぐから、10分程度の香りのこと。

アルコールと一緒に揮発する、香料の香りで、
レモンなどの、シトラス系や、
ラベンダーなどの、軽い香りが多いです。

ミドルノート(ハートノート)

香水をつけてから、30分~1時間くらいの香りで、
ブレンドされた、すべての香水が、
バランスよく、香り始めます。

フローラル系や、フルーティな香りが、
主として香るのが、このミドルノートです。

ラストノート

香水をつけてから、2時間以上経過した残り香のこと。
ムスクやアンバーなど、甘く深みのある香りは、
最後まで残り、香りを楽しませてくれます。

最後は、つけている人の体臭と混じり、
独特の匂いとなって、消えていきます。

スポンサーリンク

定番の手首には、香水をどんな風につけたらいいの?

温めると香りやすい香りは、
下から上へ上るというのが、香水の特徴。

その中でも手首は、温まりやすい場所であり、
つけやすいので、定番の部位です。
しかし、つけすぎには要注意です!

そこで、香水を空中に、シュっと吹きかけ、
そのなかに、手首をくぐらせると、
あまりつけすぎなくて済むので、オススメです。

また、両手首をこすり合わせる際には、ゴシゴシせずに、
トントンと、優しく叩くように、合わせてください。

香水をつけすぎてしまった場合や、
香りが強い場合には、水をさっとかけて流すと、
香りがマイルドになりますよ。

スポンサーリンク

香水を足首につけるときは、どうすればいいの?

香水の香りを、マイルドにまといたい時には、
足首につけるのが、良いでしょう。

足首につける場合は、くるぶし後ろにつけるのが、ポイントです。
歩いたり、足を組み替える時にも、ふわりと香ってくれますよ。

服に香水をかける場合には?

肌以外にも、服や下着に香水をつけて、
香りを楽しむ方法があります。

しかし、シルクやカシミヤ、毛皮、革製品などには、
シミができたり、ダメージになってしまう場合があるので、
そうした工夫は、避けましょう。

また、色つきの香水も、
色が染みつく場合がありますので、
吹きかける際には、注意する必要があります。

デートの時に、印象が良くなる香水のつけ方ってあるの?

香水はつけすぎて、主張が強く出てしまうよりも、
ふわりと、マイルドに香らせるのが、ポイントです。

そんな香り方をしてくれる場所を、ご紹介します。

ひじの内側

汗腺が少なく、脈打つ場所なので、
香りが立ちやすい部分です。

ただし、皮膚の弱い部分でもあるので、
パッチテストなどをしてから、つけてみましょう。

ひざの裏
しっかりつけても、香りが強くならないため、
香水初心者にも、おすすめです。
全身を包むように、香ってくれるでしょう。

上半身につけると、比較的しっかりと香り、
下半身につけると、マイルドに香るようです。

しかし、あまりしっかり香る香水は、好まれません。
デートの際は特に、香水の適量を感じ取ることが、
一番のポイントと言えますね!

オススメ記事

-豆知識・雑記
-, , , ,