子育てとしつけ 美容と健康

子供の紫外線対策!目や肌に対するUVカットをして、安心子育てしよう♪

2016/11/08

子供のUV対策

外に出ないと
丈夫な子にならないよ 
と言われていたのも昔の話。

紫外線が、
人体に及ぼす力は
凄まじいものです。

可愛い我が子にも
紫外線対策をしてあげたいですよね。

でもデリケートな肌の
赤ちゃんや子供にできる
紫外線対策ってどんなものでしょうか?

本日は、お子様に対しての
紫外線対策について、ご紹介します♪

スポンサーリンク

赤ちゃんや子供の目を紫外線から守るには?

紫外線対策をする上で
意外と盲点なのが
目の対策ではないでしょうか?

実は、目も
日焼けトラブルを
起こしてしまう場所なのです。

忘れずに我が子の目を
紫外線から守ってあげましょう。

■目に起こる紫外線トラブルとは?

日焼けをすると肌が黒くなったり、シミやしわ、皮膚がんなどの影響があることは有名ですよね。

目に紫外線が当たると、目の角膜や、水晶体が炎症を起こして、視力の低下や白内障を始めとする、様々な原因にもなるのです。

子供の目を・・・とは、
気が早い気もしますけど、
地球環境の変化も早く、
念の為、紫外線対策をする事をオススメします。

子供の目を守るには
次のような対策が、効果的ですよ。

  • 帽子や日傘を利用する
  • 日陰に入る
  • 紫外線の強い10時~14時までの間の外出を避ける
  • ベビー用サングラスをつける

なお、ベビー用サングラスは
紫外線が強い時や
海水浴などに最適です。

帽子や日傘と一緒に、
サングラスを併用すると
さらにUVカット率が
上昇するのでオススメです。

赤ちゃんや子供用のUVカットウェアはある?

ちょっとしたお出かけや
お買い物などの外出時に
サッと着ることで、
UVカットができたら、便利ですよね。

現在、一般的に
販売されている
UV対策グッズには、
以下の様なものがあります。

  • ケープやマント
  • おくるみ
  • スイムウェア

この他にも
UVカット機能付きのものは、
たくさんあります。

子供や赤ちゃん服専門店や、
WEBサイトなどで、
親子でお気に入りを
探してみてはいかがでしょうか?

■散歩の時のひと工夫

短時間のお出かけ時でも、UVカット効果のあるウェアを羽織る、帽子をかぶるだけでも随分と違います。

外出をする際には
これらを身につけるという
習慣にしてしまいましょうね!

赤ちゃん用や子供用の日焼け止めはある?

UVカットというと
真っ先に思い浮かべるのは
やはり日焼け止めではないでしょうか。

大人用の日焼け止めは
たくさん出回っているけれど、
赤ちゃんや子供も使える
日焼け止めってあるのでしょうか?

●赤ちゃん&子供用日焼け止め

赤ちゃん用や子供用の日焼け止めは、ドラッグストアや子供用品を売っているお店で、購入することができます。

しかし、子供のデリケートな肌へ負担がかからないよう、日焼け止めは、補助的に使うのみにしましょう。

日焼け止めで、UVカットし、
我が子を守る・・・今度は、
塗る上での注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

我が子に日焼け止めを塗る時の注意点は?

赤ちゃんや子供用の
日焼け止めを入手したら、
今度は、塗り方もきちんとしましょう。

ちょっとしたコツで、
効果のほども、大きく変わります。

●赤ちゃん、子供用日焼け止めの使い方
  • 日中の10時~14時の紫外線量が多い時間、外出する時は、服から出た手足などに使いましょう。
  • 日焼け止めには、紫外線散乱剤配合タイプと、紫外線吸収剤配合タイプの2種類があります。紫外線散乱剤を配合しているタイプの方が、肌への負担が少ないので、こちらを選びましょう。
  • プールや海で使う場合は、撥水効果のあるものを使いましょう。
  • SPFは15~20、PAは++程のもので十分ですが、赤ちゃんや子供は、汗をかきやすい為、2時間ほどを目安にして、こまめに塗りなおしましょう。
  • お風呂の時は、石鹸をよく泡立てて、落としましょう。

赤ちゃんや、小さな子供は
自分で紫外線対策をできません。

パパやママ、
日頃お世話をしている人たちが
積極的にしてあげるしかないのです。

とはいえ、どれも決して
面倒な紫外線対策ではありませんよね?

ちなみに、我が家の
1歳半になる娘は、帽子と上着、
靴下と靴を履けば、お外に行けると思っています。

だから時々、支度させて!と
靴下や帽子を持ってきては、おねだりします。

可愛い行動ですが、
これからの季節は特に、
親子揃って、紫外線対策をしなきゃですね!

オススメ記事

-子育てとしつけ, 美容と健康
-, , , ,