家庭と生活

結露によるカビ対策~冬の暖房が引き起こす悲劇予防するなら、こうしましょう!

2015/09/19

window

冬に暖房を使うと、カーテンや壁紙の結露により、
カビが気になる方も、多いのではないでしょうか?

今回は、結露によるカビ対策を、
お伝えしたいと思います。

結露が原因で、壁紙に生まれるカビ対策

結露が、原因で出来た、
壁紙のカビを見つけた時は、
拭き掃除を、定期的に行ってください。

壁紙への結露対策について
  1. 水を少し染み込ませて、メラミンスポンジで、カビを落とす。
  2. なお実践する時は、目立たない場所で、試してから、掃除するようにしてください。

  3. エタノール水で、除菌する。
  4. タオルに、エタノール水、もしくは、アルコール除菌剤を染み込ませて、壁紙を拭きましょう。

    なお、エタノール水は、エタノール8:水2で作ります。

  5. メラミンスポンジの、カスを捨てる。
  6. メラミンスポンジを使うと、消しゴムのように、カスが出るので、集めて、捨てましょう。

カビは、長い時間放置しておくと、
メラミンスポンジでこすっても、
色が落ちなくなってしまいます。

カビを見つけたら、
こまめに、掃除するようにして下さい。

スポンサーリンク

カーテンに、カビが発生しないようにする対策

カーテンにも、気が付くと、
カビが、大量に発生していることが、
多々あります。

そんな時の対策を、ご紹介します。

こまめに換気する。

カビの好む、湿気をこもらせないように、こまめに、換気を行ってください。

また壁と家具、家具同士を少し離しておき、暖かい空気が流れていく、「空気の通り道」を作るようにしましょう。

カビの栄養となる汚れや、ホコリをしっかり吸着。

結露が発生した場合は、こまめに、拭き取ってください。

また一度、カビ生えてしまうと、除去することが難しくなるので、カビが生える前に、洗濯することをオススメします。

スポンサーリンク

結露が発生する、部屋のカビ対策

今度は、お部屋自体の、
カビ対策を、ご紹介します。

湿度を60%以下に保つ。
湿度を60%以下に保つことで、カビの繁殖を抑えることができます。
風の通り道を作る。
湿気のこもった空気が、こもらないようにするため、風の通り道を作ってください。

以上のことに、気をつけるだけで、
カビの発生率は、激減りします。

窓に結露が出来ない様にする、カビ対策

最後に、根本的な原因であることが多い、
窓に出来る結露を、防ぐ方法をご紹介します。

窓に出来る結露対策方法
  1. タオルで、窓の水滴や汚れを拭き取る。
  2. 水を、計量カップで計って、1リットルを容器に入れる。
  3. 台所用洗剤を、50ml~100ml計って、水を入れた容器に入れる。
  4. 1とは別のタオルを、水と洗剤の入った容器に入れて、泡立てるようにし、絞る。
  5. 4で絞ったタオルで、窓を拭く。

洗剤に含まれている、「ノニオン界面活性剤」が、
水をはじき、結露を防ぐ効果があります。

オススメ記事

-家庭と生活
-,