美容と健康

上手に日焼けをする方法と注意点とは?シミ、しわなどの健康被害は防げるの?

2015/09/19

上手に日焼け

暑い夏が少しずつ
近づいてきていますね。

夏には毎週のように海に行く
という人もいることでしょう。

今年はただ泳ぐだけでなく
健康的な小麦色の肌を
作ってみませんか?

スポンサーリンク

上手く焼く方法と注意点は?

日焼けをしたい!
でもムラになるのは嫌だ!

という方のために
綺麗な褐色色の肌になる
コツを3つご紹介します。

■時間をかける

砂浜に寝転んで一気に焼くのは、やけどのもとでもあり、ムラの原因でもあります。

焼き始めは、日差しの強い10時から15時を避けた3時間以内から始めましょう。

■PA値の低い日焼け止めを使う

日焼けをするのに日焼け止めを使うのは、とても意外ですね。

日焼け止めのSPFは、紫外線B波(UV-B)を防いで、シミ、そばかす、皮膚がんから身を守ってくれます。

PAは、肌を黒くする紫外線A波(UV-A)を防ぐので、PA値の低い日焼け止めを使うと、UV-Bによるやけどを防ぎながら、肌を黒くすることができるのです。

日焼けに最適なサンオイルは、ある程度黒くなってからでないと肌に負担がかかってしまうので、まずは日焼け止めを使うことから始めましょう。

■毎日ケアをする

日焼け止めを塗っても、肌を焼くということはダメージがあることに変わりありません。

綺麗な褐色の肌をキープするためには、毎日のケアが必要です。

まず日焼けをしたら、冷たいシャワーを浴びて、熱のこもった体をクールダウンさせます。

そして、刺激の少ない化粧水などを全身に塗って保湿をし、野菜や果物のたくさん食べて、ビタミンを多く摂り、毎日の食事のバランスにも気を付けましょう。

健康的な肌を手に入れるには
健康的な体を維持することも
大切なことなのです。

スポンサーリンク

日焼けをすることで考えられる健康被害はある?

日焼けをする上で心配なのは
やはり、紫外線の影響ですよね。

日焼けには
どんな害があるのでしょうか?

■日焼けが起こす肌への害

どんなに上手く日焼けを行ったとしても、肌への悪影響を除ききるのは、残念ながらできません。

より有害なUV-Bを防いで、UV-Aによって、上手に日焼けをしたとしても、長期的に考えるとUV-Aのシミ、しわ、たるみの害は、避けて通れない道なのです。

UV-Aによる影響は
すぐには現れないものの
シミ、しわ、たるみといった
老化現象を引き起こします。

白い肌を守るべきか
小麦色の肌をとるべきか
悩むところです。

結論として、私自身は
日焼けを控えたいと思いました。

あなたはどうですか?
健康的なイメージと実害
そんな天秤の選択になると思います。

オススメ記事

-美容と健康
-, , , , ,