はちみつレモン

はちみつレモン漬けで喉ケア!甘みや酸味を調節する作り方は?健康効果とは?

はちみつレモン漬けでけんこうに!

私自身、学生時代はよく、
はちみつレモンを作り
食べていた経験があります。

テニスの練習や試合の時など、
時間を見つけては、ひとかじり、
なんとも甘酸っぱい味わい、今でも思い出します。

そんなはちみつレモンは、
喉のケアに最適とのことで、
乾燥してくること時期だからこそ、
作ってみようかと思い立ちました。

どうせなら、甘みや酸味など
味にこだわった美味しい
はちみつレモンを作り方をご紹介
しますね!

また、気になる、
はちみつレモンの健康効果について
お送りしてまいります!

スポンサーリンク

あなたはどんな味がお好き?美味しいはちみつレモン漬けの作り方は?

はちみつレモンは、素材からみても、
甘酸っぱい食べ物です。

しかし好みがあって、
甘みが強い方が好きって人、
酸味が強い方が好きって人、
バランスが良いのがいいと言う人、色んな人がいます。

そこで、味の好みに合わせる
はちみつレモン漬けの作り方をご紹介
します。

はちみつレモン漬けの作り方
1|

はちみつとレモンを入れる容器の煮沸消毒をします。

素材を加熱するわけではないので、
容器の消毒はしっかりとしておきましょう!

2|

レモンをよく洗います

市場で販売されているレモンには、
保存するための薬品や、
ツヤを出すためのワックスがついています。

そのため、レモンを洗う際は、
塩を使ったり、熱湯をかけましょう
簡単なことですが、
レモンについているワックスがとれますよ!

3|

レモンを切ります

この時、はちみつの染み込みを良くしたいなら、
レモンは、なるべく薄く切って下さい。

レモンは切り方で味が変わります

薄く切れば、はちみつが染み込みやすくなりますし、
厚く切れば、レモンの酸味が残りやすくなります。

また、レモンの苦味が欲しいなら、皮を残りましょう。
逆に苦味がいらないなら、皮を半分、ないしは全部取り除きましょう。

なお、どんな味にするにしても、
種は取り除いておきましょうね!

レモン

4|

容器の形状に合わせて、レモンを敷き詰めます

全部を敷くのではなく、容器の底が見えなくなる程度しきます。

その後、レモンが浸るほど、
はちみつを注ぎます

今度はレモンを敷き、
またはちみつを注ぐ・・・これを繰り返します

レモンを全部入れ終わり、
はちみつをたっぷりと注いだら、
お好みで砂糖を少し加えましょう

この時、砂糖の量を調節すれば
甘さの調節が出来ます。

5|

レモンのはちみつ漬けは、冷蔵庫で1日~1週間ほどで漬かります。

余裕があれば、時々、
ひっくり返してあげるとよくつかます。

はちみつレモンを味を調整するポイント

  • 切り方を調整することで、はちみつの染み込みが変わる
  • 皮の残し具合で、苦味が変わる
  • はちみつにプラスする砂糖の量次第で、甘みが変わる


はちみつレモンが喉の炎症に効く理由とは?

はちみつレモンが
喉の炎症に効果があるのは、
はちみつに含まれているグルコン酸に、
殺菌消毒作用があるため
だと言われます。

また、液状のはちみつは、
ゆっくりと喉を潤すことが出来るため、
喉の保湿に効果があります。

では、どんな飲み方をすれば、
喉の炎症を抑えることが出来るのか?

それは、ティースプーン1杯のはちみつを
コーヒーカップ1杯分にお湯に溶かして飲むこと。

はちみつとスプーン

単純ですが、
これが一番、飲みやすく、
はちみつの効果を得る飲み方です。

なおその際は、ゆっくりと飲んでください。
ガブガブ飲むのは、やめて下さいね!

私的には、はちみつを
お湯に溶かした時に使った
スプーンで飲むことをオススメします。

これなら、ゆっくりと
喉を温めるように飲めますからね!

スポンサーリンク

喉ケア以外にもこんなにあった?はちみつレモンの健康効果!

はちみつレモンは、
はちみつとレモンの健康効果があります。

そこで分かりやすく、はちみつとレモン、
それぞれの健康効果をご紹介します。

レモン健康効果

風邪予防に効果的!

レモンの主要栄養成分であるビタミンCには、
ウイルスの感染を防いでくれる働きがあり、
風邪に対する抵抗力も高めてくれます。

また、レモンに入っている
クエン酸も風邪予防に効果的です。

美容に効果的!

クエン酸は美容の面でも効果を発揮します。

クエン酸は、
シミやくすみの原因となっている
メラニン色素を抑える働きがあります。

さらに、神経伝達物質の働きを抑え、
リラックス効果もあります。

また、ビタミンCは、
美肌効果の定番栄養素ですよね!

はちみつの健康効果

免疫力を高めて疲労回復にも効果的

はちみつは栄養豊富な食品であり、
ビタミン類やミネラル、
カルシウムなど様々な栄養素を含んでいます。

そのため、病気に対する免疫力を高め、
疲労回復にも効果
があります。

風邪の流行る時期には、
はちみつを上手に取り入れたいところです。

日々の活動に効果的!

はちみつに含まれるブドウ糖は
すぐにエネルギーになるという果糖になります。

なんとはちみつは、
その成分の8割が糖分出来ています。

そのため、食べたらすぐにエネルギーになり、
スポーツ後のエネルギー補給には、ピッタリなんです!

これらを踏まえると・・・

はちみつレモンは、毎日食べたい健康食品です!

※なお、はちみつは、
1歳未満のお子さんには
食べさせないように
して下さいね!

それは、ボツリヌス菌があるから。

赤ちゃんの体内に
ボツリヌス菌が侵入してしまうと、
その菌の繁殖を止めることが出来ず、非常に危険です。

厚生労働省は、1987年から
1歳未満の赤ちゃんには
はちみつを与えないようにと指導しています。

はちみつレモン

はちみつレモンの作り方と喉ケア以外の健康効果とは?のまとめ

はちみつレモンが何故、
スポーツと深い関わりがあるのか
それがよく分かりました!

こんなに健康効果があったのなら、
ずっと続けて飲んでいれば良かったかな?

そんな風に思ったので、
早速、はちみつレモンを作りたいと思います!

あなたも風邪予防に、
はちみつレモン漬けはいかがですか?

オススメ記事

-はちみつレモン