治療

ハイドロコロイド包帯の正しい使い方は?交換のタイミングは?

ハイドロコロイド包帯の使い方

キズパワーパッドに代表される、
ハイドロコロイド素材の製品。

傷を残さず、早くきれいに
治すことが売りとなっていますよね!

その中でも使いやすいのが、
ハイドロコロイド包帯です。

お好きなサイズにカットできて、
キズの大きさに合わせて貼ることが出来るため、
非常に経済的な製品となっています。

そんなハイドロコロイド包帯を使う上で、
正しい使い方とはどんな方法なのか?
交換するのにベストなタイミングはあるのか?
そんなところをご紹介しますよ。

スポンサーリンク

ハイドロコロイドとは?どんな素材なの?

コロイドとは
膠質(こうしつ)とも言われる物質のことです。

コロイドの特徴は、
拡散速度が遅く、結晶化しにくいこと。

この性質を活用したのが、
キズの治療を目的に開発された
ハイドロコロイドになります。

ハイドロコロイドは、
キズに対して、湿潤療法を行い、
人体が持つ治癒力を促進させる創傷被覆材です。

※湿潤療法について

湿潤療法とは、消毒をしない、
乾かさない、水でよく洗うことを原則としている治療法のことです。

ハイドロコロイドは、傷口から出てくる、
あの痛々しい浸出液を吸収して、
それを覆う、かさぶたの代わりをしてくれます。

その素材は肌にはやさしく、
はがす時にも、痛くないという特長を持っています。


ハイドロコロイド包帯を使うメリットとは?

ハイドロコロイド包帯は、
以下のようなメリットがあります。

  • 傷の治りが早い
  • 傷跡が残りにくくなり、きれいに治る
  • 水に強いので、濡れた時にもはがれにくい
  • 傷口に密着するので、はがれにくい
  • 傷口をガードしてくれるので、摩擦などによる痛みを和らげる効果がある

このようなメリットは、
今までの絆創膏にはなかったもので、
これが今、注目されている理由と言えますね。

特に、キズの治りが早い、
そして傷跡が残り難いというのは、
女性にとって嬉しいメリットですよね!

また水に強いのは、
経済的で嬉しいところです。

水

ハイドロコロイド包帯はどう使う?直接貼っていいの?

ハイドロコロイド包帯を使う時は、
傷口をしっかりと覆えるように
余裕を持った大きさにカットできます。

これが、絆創膏タイプの
キズパワーパッドとは違う点。

キズの大きさに合わせてカットした
ハイドロコロイド包帯は、
直接患部に貼ることも出来ます。

しかし、正しい使い方としては、
キズあてパッドなどを傷口にあてがい、
その上から、ハイドロコロイド包帯を貼ります。

あとは、交換するタイミングはくるまで、
キズの回復を見守りましょう。

ハイドロコロイド包帯を貼る時に気をつけたいこと!

貼ったあとには・・・

貼ったあとには、
1分間ほど温めるように
そのまま押さえると、ぴたりと貼り付きます。

傷あてパッドには・・・

ハイドロコロイド包帯を使う時は、
プライスモイストのキズあてパッドを当て、
使うようにしましょう。

直接貼って剥がす時は・・・

直接貼った場合、
傷口から出てきた液が
ジェル状にならず、溜まっている場合があります。

気をつけて剥がしましょう!

患部がぬれている場合は・・・

ハイドロコロイド包帯を貼る部分に
水で濡れていたり、軟膏などが残っている場合
粘着性がなくなることもあります。

必ず拭きとってから使用しましょう。

スポンサーリンク

ハイドロコロイド包帯を交換するタイミングは?

実際に使用すると分かりますが、
ハイドロコロイド包帯は、
交換のタイミングが難しいです。

その中で、確実に剥がすべきタイミングは、
患部に痒みが出てきた時

これは皮膚がかぶれて
痒みが出ている可能性があります。

そのため、かゆみを感じたら、
一度、ハイドロコロイド包帯を剥がし、
様子を見てみましょう。

皮膚周辺が、
被れていると感じたら、
一度、ハイドロコロイド包帯の使用を控えて下さい。

じっさい私は、
かぶれてしまいました

悲しい顔

またどうしても、公共の温泉や
プールに入らなければならない場合、
事前に剥がしておきましょう。

万が一にも、
入水中に剥がれてしまうと、
周りに迷惑をかけてしまいます。

傷口から溢れる液体が
多い時は、1日1回は換えましょう。

治りかけている時は、
2,3日に1回、交換して
傷口の様子を見ることをオススメします。

なお、剥がしにくい時!
この時は、シャワーをかけながらや
お湯に浸しながら剥がすと、はがしやすいです。

シャワー

ハイドロコロイド包帯の正しい使い方は?交換のタイミングは?

ハイドロコロイド包帯は、
メリットだけを見ると、
素晴らしい製品に思えます。

しかし、皮膚がかぶれるなどの、
デメリットが出る場合があることも
念頭に置いておかなければなりません!

またハイドロコロイド包帯を正しく使うには
キズあてパッドなどを使用しなければならず、
それが不便に感じる場合もあります。

皮膚が弱い方は特に
キズあてパッドを使いましょうね!

皮膚の強さに自信があるなら、
ハイドロコロイド包帯を
そのまま使っても問題はありません。

あなたの皮膚状態にあった
使い方を心がけて下さいね!

オススメ記事

-治療