美容と健康

へそのごまの正体とは?取り過ぎるとどうなる?そもそも必要な物なのか調べてみた!

2015/09/19

heso

子供の頃、へそのごまを
取ろうとすると、必ず言われました。

「お腹が痛くなるからダメ!」
って。

あなたもそうじゃ
ありませんでしたか?

その時はそうか、
お腹が痛くなるから
ダメなのかと、納得しました。

が、大人になった今、
ふと思います。

あれって
本当にダメなのか?

そんな
へそのごまのこと
調査してみました。


最も気になる、へそのごまの正体とは?

へそのごまの
正体ってなんでしょう。

あれっていいものなの?
悪いものなの?

体から、
自然にでてくるものなら
老廃物とかなんでしょうか?

色々と、想像は
膨らんで行きますが、
へそのごまの正体、実はアカなんです。

毎日の入浴で、
体は清潔に洗っても、
へその周りは、意識して
念入りに洗うという人は、少ないのでは?

毎日の生活で
たまったアカが、
へそにこびりついている
そんな状態が、へそのごまの正体です。

要チェック!へそのゴマがたまりやすい人とは?!

新陳代謝の良い人や、恰幅の良い人など、比較的、汗をかきやすい人がたまりやすいです。

思い当たる節のある方は、毎日、入念にへそのゴマケアをして下さいね!

スポンサーリンク

またまた気になる、へそのごまを取りすぎるとどうなる?

へそのごまを取ると
小さい頃、お腹が
痛くなると言われた
ゆえんが判明しましたよ!

やはり、取りすぎるのは
いけないようです。

ただ、お腹を壊す
・・・という意味ではありません。

へそのゴマを取り過ぎると・・・?

へそは、腹膜や腸に近い、デリケートな部分なので、へそのごまを取り除く際には、細心の注意が必要です。

下手にへそに傷をつけてしまうと、その箇所から雑菌が入り、炎症を起こしたり化膿してしまう危険性があります。

では次に、無理なく
へそのごまを取る方法をご紹介します。

へそのゴマを無理なく、簡単に取る方法
  1. オリーブオイルなどの油を、へそにつけます。
  2. しばらくするとへそのごまが溶けてくるので、浮いて取りやすくなったら、綿棒で優しくこすって除去します。

へそのごまを取ると
お腹が痛くなるのは、
炎症を起こすという意味だったようですね。

たしかに幼い頃は
おへそを指で、グリグリと
触ろうとして怒られた気がします。

スポンサーリンク

へそのごまは、必要なの?不要なの?

ズバリ言いますと、
へそのごまは、不要です。

アカなので、
そのままでは、
清潔とは、いえないからです。

しかし、無理に
ゴリゴリと取ってもいけません。

これは、へそのごまに
問題があるのではなく、
へそが、デリケートな場所だからです。

これと同じことが
耳あかにもいえます。

適度に取って、
すっきりと、清潔にしておきましょう。

習慣化すると、
気持ちも良くなりますよ。

オススメ記事

-美容と健康
-, , , ,