北海道

はこだて花と緑のフェスティバル2017の見所は?混雑具合とオススメの服装は?

はこだて花と緑のフェスティバル

はこだて花と緑のフェスティバルは、2017年で24回目を迎える花と緑を楽しむイベントで、例年2万人の人が訪れる人気のイベントです。

これから本格的な夏へ向かう色彩豊かな函館を味わうことの出来るイベントですね。

会場は花と緑で彩られ、花の装飾は目を楽しませてくれますし、花の苗や鉢植え、フラワーアレンジメントなどを販売するフラワーマーケットなども魅力です。

また花を飾るプロの技が見られる公開フラワーアレンジメントや、歌の演奏やダンスなどのステージでのイベントもあり、花好きな人には是非行ってほしいオススメのイベントとなっています。

そんな、はこだて花と緑のフェスティバルについてまとめてみました。

スポンサーリンク

はこだて花と緑のフェスティバルはどんなイベント?オススメの見所をご紹介!

はこだて花と緑のフェスティバルの見所は、会場全体に彩られた花の装飾です。

装飾と言うぐらいですから、それは見事なもので、ご覧頂くと驚かれると思いますよ!

入口には、たくさんの花で彩られたアーチ状の飾りが置かれ、御伽噺に出てくる世界の様でいて、とても可愛らしくて綺麗だったことを覚えています。

例えるなら、お花に迎えられているような・・・メルヘン気分になりました。

はこだて花と緑のフェスティバルは会場内にも、たくさんのお花が飾られていまし、珍しい花も多く、新鮮でしたよ!

私自身、花好きと言うこともありますが、ガーデニンググッズの種類も多く、買いたい物がたくさんあって目移が・・・笑

アレンジした花束の販売もしてましたし、どれもお買い得なお値段だったので、ちょっと買いすぎたちゃいました^^;

はこだて花と緑のフェスティバルは鑑賞だけじゃない!親子で楽しめる催しもあり!

はこだて花と緑のフェスティバルでは、特設ステージが設けられており、色々な催し物が開催されていました。

中には、親子で楽しめるフラワーアレンジメント教室もあり、子供にもお花が好きになって欲しいなーって考えるお母さん!チャンスです!

フラワーアレンジメントって、生け花のような敷居の高さがない為、お子様がお花に興味をもつきっかけにもなりやすいのでは?と思います。また親子でできるので、いい思い出を作りになりますよ。

なお、はこだて花と緑のフェスティバルには、お花のアレンジのコンテストもありましたし、押し花パレットや、絵手紙、手工芸、トントンタイルの出展もありました。

こうして書いていくと、なんだ盛りだくさんじゃん!って思われるでしょうけど、そうなんです!

お子様に大人気のフワフワドームで遊べる場所もあり、大人から子供まで楽しめるので、1日中楽しめる見所がたくさんあるからレジャーに最適ですよ。

ちなみに私、バイトでふわふわドームの監視員をやったことがあり、とても思い出深かったりします。

スポンサーリンク

はこだて花と緑のフェスティバルの混雑具合は?駐車場スペースはあるの?

毎年2万人ほどの人々が訪れる人気イベント、はこだて花と緑のフェスティバルは、年齢層が割と高めなためか、落ち着いた感じで大混雑と言うぐらいにはなりません。

ただ近年は、キッズスペースができたり、親子で楽しめる内容もたくさんあるので、年齢層は幅広くなってきています。

その結果なのか、毎年期間中の土日に開催されるということもあって、人の流れが集中しやすいイベントになりました。

ちなみに入場料金は無料で、気軽に来場できるのも魅力的。

もちろん車での来場者が多く、専用の駐車スペースは用意されていますが、日中は混雑が予想される為、朝早くから来場することをオススメします。


はこだて花と緑のフェスティバルの気温は?どんな服装がオススメ?

はこだて花と緑のフェスティバルの開催期間中は、過去のデータからも毎年の気温が高く、今年の予想気温も平均で19℃ほどとなっております。

その為、日中は少し暑く感じるかもしれないですね。

オススメの服装は、動きやすい格好です。ジーンズに上は半袖か長袖の服を着て、上着を羽織る服装がいいと思います。

はこだて花と緑のフェスティバルが開催されている期間中の北海道は晴れ間が続き、とても過ごしやすい季節。

しかし、太平洋から湿った空気が入り、肌寒い日もあるので、ジャケットなども持参するのもいいかと思います。

なおこの季節は日本全国、紫外線などが強くなるので、女性の方は特に帽子やサングラスも必需品です!

オススメ記事

-北海道