生活

ダッフルコートのボタン取れは自分で修理出来るの?プロに任せるべき?

2017/11/08

ダッフルコートのボタンは修理出来るか?

朝晩の冷え込みが激しくなってきたと感じ始めたから、寒さが本格化してくる前に、防寒着の準備を始めてみた所、きちんとしまっておいたはずのダッフルコートに異変が・・・。

ボタンが取れている・・・あの、ダッフルコート特有のボタンが取れている・・・。

普通のボタンであれば、小学校の家庭科ぐらいの知識で直せるものですが、ダッフルコートのやつはそうはいかない!

どうやって直すのか?もしかして直せないのか?など、ダッフルコートのボタン付け替えについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

ダッフルコートのボタンを付け替える前に気になるボタンのこと

ダッフルコートのこと

ちぎれたり、ハズレたり、何処かへ行ってしまったりと、ダッフルコートのボタンが損傷してしまった人
探してみると、思っていたよりも多くいます。

丈夫そうなロープが付いていたりするのに、縫製面が弱いからなのか?それとも、使い方が悪いからなのか・・・。

まー何にしても、ダッフルコートのボタンを取り替えるためには、まず、このボタンを購入してくる必要がありますよね!

ダッフルコートのボタンに付けられた正式名称

ダッフルコートのボタンには、トグルという名前が付いています。

元々は、北欧の漁師さんたちが着ていた作業着でしたが、第二次大戦のおり、イギリスの海軍が防寒具として使用し、あまった在庫が市場に流れたことから一般大衆も着るようになったオーバーコートです。

なぜ、トグルがボタンとして採用されているのかと言えば、漁の最中でも脱ぎやすい様にするためです。

もし仮に洋裁店に足を運び、店員さんにダッフルコートのボタンは何処ですか?と聞くと、何処の箇所ですか?と聞かれる可能性がありますが、トグルは何処にありますか?と聞くと、すぐに伝わります

相手がプロだからこそ、その正式名称を伝えることが時間の短縮化に繋がります

・・・とは言え、ちょっとした時間ですけど・・・^^;

ただ洋裁店の店員さんにすれば、「出来るな?!このお客!!」と思われる可能性があります。

ダッフルについたトグルの購入は洋裁店で可能なのか?

洋裁店

ダッフルコートのトグルは、大きめの洋裁店であれば販売しています。

また近場に、そうした洋裁店がない場合には、インターネットの通販サイトで購入することが出来ます。

価格にしてどれくらいか?

大手通販サイトでダッフル+ボタンや、ダッフル+トグルで検索すると、様々なものが販売されていることが確認できます。

安いものでは1個100円ほど、高いものでも1個500円前後と価格的には、ダッフルコートを改めて購入することを考えると、安いと判断してよいでしょう。

材質に関しても、一般的な木製のものから、スチール製のものまで用意されており、この点は、アイデアと感覚をフルに活かす楽しみがありそうです。

また紐に関しても様々な素材で販売されており、革紐からコットン製のものまで、価格も大体トグルと変わらないお値段で入手可能です。

何にしてもダッフルコートを修理するとなると、ある程度、裁縫の腕がいります。

つぎはこの、ダッフルコートを直すだけの手間を考えてみましょう。

スポンサーリンク

ダッフルコートを直すにはどれくらいの技術力が必要なのか?

ミシン

ダッフルコートの構造から考えてみましょう。

トグルの紐部分の縫製は、高い強度で行う必要があるため、決して容易に行えることではありません

そのため、ある程度の技術力が必要なのは言うまでもなく、ダッフルコートの生地、そして紐を縫い付けている糸の太さから考えても、手縫いという訳にはいかないでしょう。

ミシンを使った場合でも、糸の太さを考えると一般家庭用のミシンでは対応できるのか?難しい所です。

では、家庭でダッフルコートの修理は不可能なのか?といえば、そうでもないと言えます。

問題となってくるのは、紐の固定力ですから、この点を上手く工夫することで、ご家庭でもダッフルコートの紐やトグルを修理することが可能です。

糸を限界まで太いものにする!

ご家庭のミシンを使用した場合、元々縫製してあった糸よりも細くなってしまいます。

お手持ちのミシンで使用できる限界ギリギリの太い糸を使って下さい。

なお縫製のパターンは、ダッフルコートにより変わってきますから、この点は元々の縫い方を参考にしましょう。

紐の固定に気をつける!

紐部分の始まりは、しっかりと固定する必要があります。

紐部分の始まりを皮などで固定している物は、皮部分にも縫製を行いましょう。

この辺は、細かさを要求されますから、怪我をしないように慎重に行って下さい。

バランスに気をつける!

トグルに限ったことではありませんが、基本的には、左右対称であるべきです。

しかし、このバランスの調整を間違えて、位置がズレてしまう場合があります。

そのため、このトグルと紐の位置を左右対象にすることは、非常に重要です。

上手に左右のバランスを保つためには、事前にトグルと紐の位置決めをしておき、チャコペンでマーキングをしておきましょう。

この一手間!それだけでも仕上がりが、ずいぶん違ってきます。

裁縫が出来る方であれば、この手順を守ることで、綺麗にダッフルコートのボタン付け替えが出来ると思います。

ダッフルコートを着た女性

ただし、厚手のダッフルコートに針を通すわけですから、性能とパワーのあるミシンがご自宅にあるか?が重要になります。

それがない場合、もしくは、そんな技術がない場合は、洋服お直しのプロにお任せしましょう。

ご自宅の近くにそうしたお店があれば、持ち込めば済みますが、仮にない場合もインターネットで検索して頂くことで、遠方の方でもご利用出来るように、郵送での持ち込みを受け付けているお店も存在します。

お困りの際は、そうしたお店をご利用頂くことで、ダッフルコートを簡単に修理することが出来ます。

なお、専門のお店にダッフルコートのボタン修理、もしくは取り付け取替えをお願いした場合、その費用は、3000~6000円程度で済むようです。

これに関しては、お店の設定価格、そして作業量などに影響されますので、事前に問い合わせを行い、把握しておきましょう。

スポンサーリンク

どうせならダッフルコートのボタンをカスタマイズしてみませんか?

カスタマイズ

ダッフルコートのトグルや紐は、通販サイトなどを使えば、簡単に入手することが出来ます。

それも、色々なバリエーションを探すことが出来るので、お好みの物をお選びすることが可能です。

もちろん、大前提として、ダッフルコートと言うベースに似合うトグルや紐を選ぶ必要がありますが。

それを加味して、お気に入りのダッフルコートをさらにカスタマイズして、もっとお気に入りになって頂ければ幸いです。

オススメ記事

-生活