美容と健康

チョコレートが持つ、脳に良い栄養とは?どんな時に取るべき?その摂取タイミングは?

2015/09/19

チョコレートが脳に栄養

疲れてる時、集中したい時、
もう少し頑張りたい時など、
甘いものが、活躍してくれますよね。

甘いものと言えば、
代表的なものが、チョコレート。

少し食べると
頭がスッキリしたりします。

そんなチョコレートと
脳の栄養の関係をご紹介します。


チョコレートが持っている、脳に良い栄養分は?

その昔、チョコレートは
薬として、薬局で売っていた
なんていうことも、あったそうです。

昔から、チョコは、
そうした位置づけにあったわけです。

そして、科学が発達した現代、
チョコレートが持つ、栄養には、
脳に良い影響がある事が、分かっています。

その中でも、
チョコレートの中に
含まれている成分で、頭を
スッキリさせたり、記憶力を
良くしたりする成分を、いくつかご紹介したいと思います。

テオブロミン

チョコレートの中に含まれる、テオブロミンは大脳新皮質を刺激し、集中力や記憶力、思考力を高め、やる気を出してくれます。

テオブロミンは、カフェインの仲間なのですが、効果が、ずっとマイルドです。自律神経を調節する作用もあります。

ブドウ糖

ブドウ糖は、脳の唯一の栄養素です。脳を働かせるエネルギーであり、神経伝達物質のアセチルコリンの材料でもあります。チョコレートの中には、ブドウ糖も含まれています。

アロマ成分

チョコレート特有の香り成分は、脳の中枢神経系に作用して、集中力をアップさせてくれます。

ビタミン、ミネラルなど

チョコレートに含まれている、ビタミンEやナイアシン、カルシウムなども脳の代謝に必要な栄養素です。

カテキンや
アントシアニンなども
含まれており、脳血管内で、
抗酸化作用を発揮し、認知症の予防になるといわれています。

栄養別なチョコレート

脳へのエネルギー補給には、糖分の多いミルクチョコレートがベストです。

ビタミンやカテキンなどの補給には、ビターかブラックチョコレートがオススメです。

こうしてみると、脳には、
なくてはならない栄養素が、
チョコレートには、たくさん
含まれていることが分りますね。

スポンサーリンク

チョコレートの栄養は、どんな時に取ると良いの?

テストや試験前など、
特に集中したい時ってありますよね。

そんな時は、
チョコレートを
上手に食べてみませんか?

チョコレートは、
試験開始や勉強前、
集中したい時の1時間前が、オススメです。

スポンサーリンク

チョコレートを食べる間隔に、決まりはあるのかな?

チョコレートの効果を
効率よく発揮するためには、
食べる時間に最適な間隔はあるんでしょうか?

チョコは食べると、
食後、およそ1時間で、
血糖値や抗酸化作用のピークを迎えます。

その後、2時間程度で、
徐々に下がっていきます。

その為、チョコは、
およそ、2時間から、
4時間ていどの間隔で、
食べるようにすると良いでしょう。

食べる量は、
板チョコレートであれば、
1/4枚ほどの量を食べるのが、ベストです。

ダイエットには、
天敵のイメージがある
チョコレートなんですけど、
脳には、とても良い効果があるんですね。

仕事や勉強で
集中したいときや
ここぞ!というときは
少し食べて、脳に栄養をあげることも大切ですね!

オススメ記事

-美容と健康
-, , , ,