美容と健康

あがり症が語る、センター試験で緊張しなかった方法!大学入試対策!

2017/02/05

center

受験生にとって、1月のセンター試験は、
最初にして、最大の関門です。

ここで、緊張のあまり失敗してしまうと、
2次試験への出願が、思わぬものになってしまったり、
すぐに始まる、私大の入試にも、精神的に影響してしまいます。

では、緊張せずに、センター入試当日、
最大限の実力を発揮できるには、
どうしたらよいのか、私の経験をお教えしましょう!

あがり症でも出来た、センター試験の当日、緊張しない方法とは?

センター試験は、問題量が多いので、
必ず、解ける問題から始めましょう。

わからない問題から始めると、
どんどん時間が無くなります。マジです。

また、普段通りのスタイルで、
試験に臨むことが、大切です。

いつも使っている筆記用具を持って、
普段着で、行きましょう。

ただ、特別な道具と勝負服を着た方が、
やる気がアップする!という人も、
いるでしょう。私もそうでした。

そういう人は、模擬試験で、
事前に、試しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

私のセンター試験、経験談・・・

センター試験会場の大学は、暖房がききすぎていて、
暑くてぼーっとして、眠くなったり、
逆に寒くて震えたり、何があるかわかりません。

特に私のように、雪国に住んでいると、
試験当日、大雪なんてこともあります。

その上、緊張していると、体温のコントロールも、
うまくできなくなるので、1枚多く服を着て行き、
調節が出来る様にしておくのが、オススメです。

また、普段飲んでいる、暖かい飲み物を持っていくと、
ほっとすることができます。渡しの場合は、みそ汁でした♪

あと、天候には注意しましょうね!

スポンサーリンク

あがり症が思う、緊張しやすい人の、センター試験前日までの過ごし方とは?

前日は、早めに準備を済ませて、
早めに寝ましょう!

緊張しいで、あがり症の私は、
センター試験当日、とにかく、
体調が万全であることが、大前提でした。

できれば、何週間か前に、
会場の下見に行くことをオススメします!

と言うか、お願いだから行って!

実際、会場まで、
どれくらい時間がかかるか、
正確にわかりますし、道順の確認も出来ます。

近所の大学が、会場だとわかっている場合でも、
秋の学園祭などで、使われていない教室に入ってみると、
大学の雰囲気がわかるので、当日の緊張が和らぎます。

また、できるだけ、沢山の模擬試験を、
色々な会場で受けてみましょう。

初めての場所まで、自力で行って、
全力を出してくる練習ができるので、オススメです!

最後に、あなたにも、
桜が咲きますように~♪

オススメ記事

-美容と健康
-, , , ,