美容と健康

缶コーヒーと清涼飲料水の飲みすぎが、うつ病と糖尿病を起こすだとぉ?

2015/09/19

can_coffee

気分転換や休憩時間に
ついつい飲んでしまう、
缶コーヒーや、清涼飲料水。

でも、飲みすぎが
怖い病気を招くって
ご存じでしたか・・・?

今回は、そんな
缶コーヒーや清涼飲料水の
恐い噂について、調べてみました!


缶コーヒーや清涼飲料水の飲み過ぎは、ダメ?病気になる可能性とは?

普段から、
缶コーヒーや清涼飲料水を
良く飲む習慣がある人は、本当に要注意です!

重大な健康被害を招く
可能性があります!

その原因は、
中に入っている砂糖。
その量は、平均すると角砂糖4~6個ほど。

ちなみに大人が
1日に摂取しても良い
砂糖の量は、25g程度だとされます。

コーラであれば1缶、
スポーツドリンクなら
500mlのペットボトル1本、
缶コーヒーなら、2缶で、その量を超えてしまうのです。

毎日、大量の砂糖を
摂取するのは、体には良くないのは、当然ですよね。

スポンサーリンク

カフェインの摂りすぎによる弊害はあるのかな?

コーヒーといえば、
もう一つ、気になる事があります。

それはカフェインのこと。

今度は、カフェインの
取り過ぎについて、まとめてみました。

カフェインは、
集中力アップや記憶力向上、
眠気覚ましに効果的なのですが、摂りすぎは禁物です。

カフェインの副作用
  • 短時間に摂取しすぎた場合の急性中毒
  • 長期間摂取し続けた場合の慢性中毒

急性中毒の症状には
心拍数の増加や、呼吸困難、
胃痛、幻覚幻聴などが現れます。

慢性中毒の場合は、
神経過敏や、睡眠障害、
頻尿などの症状があらわれます。

カフェインの副作用には、
危険なものもたくさんあり、
気になる症状があった場合には、
カフェインの摂取を控えることが良いと思います。


缶コーヒーや清涼飲料水を飲み続けると、糖尿病になる可能性は?

缶コーヒーや清涼飲料水など、
砂糖が、大量に入っている物を
毎日飲んでいると、糖尿病になる確率は上がります。

糖尿病とは?

血液中の血糖値が長時間、高血糖の状態にある病気のことです。

缶コーヒーや清涼飲料水を
良く飲む、習慣がある人は、
血糖値が、急激に上がる体質になっています。

血糖値が急激に上がると・・・?

血糖値を下げようと、すい臓がインスリンを多量に分泌します。そうすると今度は血糖値が下がりすぎ、低血糖の状態になります。

その結果、血糖値が急激に上下する生活を送っていれば、すい臓は疲れて、インスリンの分泌量が減ってしまい、糖尿病になってしまうのです。

スポンサーリンク

缶コーヒーの飲み過ぎで、うつ病になる噂について

こんな話、
聞いたことありませんか?

残念ながら、この話も
本当のことなんです。

砂糖の過剰摂取は、
肥満を招くだけでなく、
糖尿病にも、うつ病にもなりかねる、恐ろしい行為なのです。

砂糖の過剰摂取は、
血糖値の激しい上下を起こし、
脳からアドレナリンや、ノルアドレナリンという物質が同時に分泌します。

アドレナリンは
イライラや怒りの
感情を引き起こす物質です。

ノルアドレナリンは
不安や恐怖といった
感情と引き起こす物質です。

この増減が、頻繁に
繰り返されることで、うつ病や
パニック障害、不安神経症など、
精神的な病気になる可能性が、高くなるといわれています。

もう一度、言います!
砂糖過剰摂取は、精神的な
病気を起こす可能性が、大いにあります!

いかがでしたか?

何気ない生活の中で、
缶コーヒーや清涼飲料水を
ふと飲む習慣がついている方には
衝撃的なことだったかもしれませんね。

これらの原因は
砂糖の過剰摂取です。
なので解決方法は簡単です。

今日から、
飲み物の本数を減らすか、
無糖のものを選べば良いのです。

今からでも遅くはありません。
砂糖で大事な心と体の健康を
損ねないようにしましょう。

オススメ記事

-美容と健康
-, , , ,