家庭と生活

キャンプで子供が火傷!応急処置の方法は?重症度の判別と安全対策!

2015/09/19

キャンプで火傷

アウトドアや
キャンプが楽しい季節です。

キャンプやバーベキューをして
楽しむ方も多いのではないでしょうか?

そんな時に
子供が火傷・・・!

すぐに応急処置をして
あげなきゃいけませんね!

そこで今回は、
キャンプやバーベキューで
子供が火傷をしてしまった時の対処法をご紹介!

スポンサーリンク

火傷にはどんな種類があるの?

アウトドアやキャンプでは
火を使うことが多く
火傷を負う可能性は、十分に考えられます。

そして火傷の程度によっては
命に関わる場合もあるのです。

◆火傷の度合い

火傷には、第1度から第3度までが存在し、第3度の火傷が一番重症になります。

第2度以上の火傷を負ったら、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。

  • 第1度
  • 皮膚が赤く腫れ、ヒリヒリする。色素沈着があってもすぐに回復する。

  • 第2度
  • 痛みが強く、赤みを伴う。24時間以内に水ぶくれができる。

  • 第3度
  • 皮膚の全部の層が焼け、黒くなり、深い傷ができる。

なお、大人で全身の20%
幼小児で、全身の10%以上の
火傷の広さでも、重症となります。

全身への治療が
必要になるので、こちらも
一刻も早く病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

火傷をした時、真っ先にするべき事は?

あっ!火傷!
そんな時、最初にすることは
やはり冷やすことです。

火傷をしたらできるだけ早く
患部を綺麗な水につけるか、
流水で十分に冷やす事が大切です。

◆火傷患部を冷やすとどうなる?

冷やすと痛みが和らぎ、熱による肌への影響も食い止めることができます。

広い範囲で火傷を負った場合は、衣類などはすぐに脱がさず、十分に冷やしてから衣服を切って、患部に触れないようにします。

火傷は熱によるケガなので、
直ちに冷やして熱を取ることが
重要なんですね。

キャンプ中の火傷の応急処置は?

キャンプ中で、綺麗な
冷えた水や流水がない場合
どうしたらいいのでしょうか?

今度は、そんな時の
対象法をご紹介します。

◆キャンプ中の火傷の応急処置

まず、ご注意頂きたい事は、間違っても、火傷の患部を冷やす際、川や井戸水を使ってはいけません。感染症に掛かる危険性があります。

その為、もしキャンプ中に流水がなければ、クーラーボックスの氷や水などを使って冷やしましょう。

◆冷えたお茶で患部を冷やした場合

お茶などをかけて火傷の患部を冷やした場合は、後で必ず、ミネラルウオーターや流水で流してください。

◆冷えたジュースは使えるの?

ジュースや炭酸飲料は、刺激になることがあるのでオススメできません。

水道が使えない
キャンプをする場合は
水筒やクーラーボックスに
水を用意しておくと良いですね!

火傷だけでなく
切り傷や捻挫など
とっさの応急処置にも
使うことができ、安心ですよ!

オススメ記事

-家庭と生活
-, , , ,