家庭と生活

お風呂場のカビは天井掃除から?付着と繁殖の違いを理解して対策しましょう!

こんにちは、ナビえもんです。

今回は、お風呂場のカビ掃除について、ポイントを絞ってお送りします。

そのポイントとは、お風呂場の天井掃除です。

なんと言っても、お風呂場の天井は掃除がしにくいものです。それでいて、カビの発生源となる事も多く、特に大掃除などをする際には、確実にカビ菌を根絶やしにしたい所です。

スポンサーリンク

お風呂場のカビ掃除は簡単?それとも大変?

お風呂場のカビ掃除を簡単に済ませるには、勘違いを正す事から始まります。それは、一見してカビが繁殖している様に見える場所でも、実は付着しているだけの場合がある事です。

何故ならば、カビが繁殖する為の条件により、付着しか出来ない場所と言う物がある為です。

それは、カビはツルツルした面には、繁殖できないということです。ツルツルした面では、カビが繁殖しているように見えるけど、実は付着しているだけと言う事実があります。

この、ツルツルした面に付着したお風呂場のカビを掃除するのは、すごく簡単です。水だけや、バス用のモップなどを使う事で、元通り綺麗な壁や床、天井になります。

一方で、カビが繁殖してしまった場合には、それ相応の準備が必要です。

カビが繁殖した面は、ドラックストアやホームセンターで販売されている、お風呂場の専用のカビ落しを使うか、以前にご紹介した重曹での掃除がオススメになります。

いずれも綺麗に掃除を完了する為には、ある程度の労力は必要となります。

なおカビ落としは、酸性、アルカリ性どちらを使った場合も、漬け置きとまでは言いませんが、1時間以上は放置してください。

またカビ落としによっては、垂れたり、流れたりするので、紙などに染み込ませて、貼っておくことをオススメします。

ナビえもんがオススメする紙
  • 新聞紙|定番ながらも経済的!
  • キッチンペーパー|新聞を取っていないなら、こちら。吸水性+紙の丈夫さが使えます。

お風呂場のカビ掃除は天井からが基本!

お風呂場の天井カビ

お風呂場のカビ掃除する時は、天井から行なうのが基本です。何故ならば、バスルームのカビというのは、天井から降り注ぎ、繁殖する事が多いからです。

しかしこれは、お風呂場に限った事ではありません。お部屋の掃除をする時も掃除は上からしますもんね!ホコリを上から下へと落として行くわけです。

こちらで、カビの特性を話しましたが、カビは空気中に漂っています。ソファに座りくつろいでいる時も、コーヒーを飲んで優雅なひと時を過ごしている時も、カビは空気中に漂っています。

お風呂場の天井にカビが付着するのは何故?

お風呂場は、気をつけておかないと常に水気があります。水は蒸発します。すると水分は、天井に付着します。

お風呂場の床やバスタブはもちろんですが、天井も水気の滞在時間が長い所だと言えます。

水気の滞在時間が増えれば、空気中に漂っているカビが必然的に天井に付着します。そして、素材によっては繁殖し始めます。

スポンサーリンク

お風呂場の天井を掃除してカビ対策するには?

天井がツルツルした素材でしたら、水洗いやバス用のモップを使い、洗いましょう。洗うだけでもカビ対策が行えます。

お風呂場の天井がツルツル素材ではなかったら、しっかりと掃除をしてカビ対策をしましょう。

カビがまだ繁殖し始めていない場合の手順

  1. バス用のクリーナーとバス用のモップを使い、掃除をします。
  2. 直接、バス用のクリーナーをかけてしまうと、垂れてくる可能性があります。
  3. ※それを防ぐために、バス用のモップにクリーナー付けて、磨くように洗う事で、クリーナー液が無駄に垂れたりする事を防げます。

  4. しっかりとバス用のモップで拭きます。その後、しっかりと洗います。
  5. 使用したモップをよく洗い、水を付けて水拭きをします。またしっかりと洗います。
  6. 水気をよく絞ったモップ、もしくは乾いた布巾で、念の為、お風呂場の天井を拭きます。

カビが繁殖し始めている場合

基本的には、先の天井を洗う手順と変わりませんが、カビ落としは成分に目に入っては危険な物があります。その為、事前に溶液を準備します。

  1. カビ落としクリーナーと水を1:1で割った溶液を作ります。
  2. ※溶液のみだと、上手くなじまない可能性が高いです。

  3. スポンジローラーを溶液に浸し、垂れないぐらいに溶液を絞ります。
  4. ※ホームセンターなどのDIYコーナーにおいてある、ローラー部分がスポンジになっている、ペンキなどを塗る道具です。

  5. お風呂場の天井に溶液を塗るようにスポンジローラーを転がします。
  6. ※イメージとしては、天井に薄く溶液を馴染ませる様に塗ります。

  7. 1時間ほど放置して、その後、バス用のモップで拭いて行きます。
  8. ※よく絞った水拭きと、乾拭きの二度拭きがオススメです!

バス用のモップで溶液を塗っても良いのでは?と思うかもしれませんが、塗るという点で、スポンジローラーの方が便利です。

ちなみに刷毛でも上手く行きます。ただし、スポンジローラーよりは、垂れやすくなってます。

なお、お風呂場の天井を洗う場合は、必ず換気をしてくださいね!

換気は大切

お風呂場の天井を掃除したら、カビを寄せ付けない様にしっかりと予防します。オススメの方法は、アルコール除菌とこちらでご紹介した、熱湯除菌を併用すると効果的ですよ♩

お風呂場のカビは、上から降り注ぐと言う事で、天井が元になっている可能性が高いです。今回ご紹介した方法を使い、ばっちり対策をとりましょう!

オススメ記事

-家庭と生活
-, , , ,