家庭と生活

防災頭巾の簡単な作り方は?伝統的防災グッズで、もしもの時の地震対策!

2015/09/19

防災頭巾

近頃、地震が続いて
不安ですね。

いざという時のために
様々な防災グッズを
用意している人は多いと思います。
でも、防災頭巾はお持ちですか?

購入することもできますが
比較的、簡単に作ることができますよ。

今回は、人気のテレビ番組
世界一受けたい授業でも
取り上げられた防災。

その中でも、身近な
防災グッズ、防災頭巾とは
どんなものなんでしょうか?

スポンサーリンク

防災頭巾の役割は?

さて、防災頭巾のこと
どれくらいご存じですか?

実は地域によっては
見たことも聞いたこともない
という人もいるようです。

◆防災頭巾について

防災頭巾は災害が起こった時、頭部を守るために簡易防具です。

中には普段、バッグや座布団として使えるものもあり、学校現場で使用されている場合も多いようですが、使用の有無については地域差が大きいようです。

私が幼かった頃は
防災頭巾は使用せず、
ハンカチを持ってくるように
指導されていました。

近年は防災頭巾をかぶって
避難訓練を実施する学校も
増えてきたように思えます。

防災頭巾の作り方は?

災害時に防災頭巾を
用意するのはいいけれど
かさばるし、他のことにも活用したい!

という人にもオススメするのは
タオルで防災頭巾を作る方法です。

手縫いで縫えば、糸をほどいて
タオルや紐として、使ったり
縫い付ける時にビニール袋や
軽いブランケットを挟み込むこともできるんです!

●タオル防災頭巾の作り方

準備するもの

  • バスタオル 1枚
  • フェイスタオル 1枚
  • 幅の太い紐やリボン 1mくらい
  1. バスタオルを縦半分に折り、中表にして「わ」の反対側を縫い合わせます。
  2. 縫ったらひっくり返して、表側を出します。
  3. フェイスタオルの端をバスタオルの内側に織り込んで、縫い合わせます。
  4. 今度はバスタオルの端を折り返して、フェイスタオルの端に重ねて縫います。
  5. フェイスタオルの部分を内側にして、バスタオル部分を二つに折ったら、フェイスタオルがフチになっていない方を三分の二ほど縫います。
  6. 紐をつけて完成です。

FM香川さんの
「JOY-YOU CLUB」のブログにて
分かりやすい写真付きの作り方も
載っていますので、こちらもオススメです。

http://club.fmkagawa.co.jp/2013/02/post-f962.html

子供さん用に作るのであれば
バスタオルの代わりに
フェイスタオルに変更して
作ってみてはいかがですか?

縫う時は、ほどけやすいように
ざくざくと縫うことがポイントです。

お気に入りのタオルや
目立つ柄を使って、防災頭巾を
作ることで、家族同士の
目印にすることもできそうですね!

スポンサーリンク

防災頭巾には、大人用子供用があるの?

購入することもでき
作ることも可能な防災頭巾は
大人用や子供用があるのでしょうか?

◆防災頭巾・大人用&子供用

防災頭巾は大きく分けて、大人用タイプ、子供用タイプ、兼用タイプとあります。

大人用の防災頭巾を小さなお子さんにかぶせてしまうと、頭巾が外れてしまったり、歩く際に前が見えず危険な場合があるため、防災頭巾は出来るだけ、大人用と子供用に分けて用意しておきたいものです。

作り方は、先ほどご紹介した方法と同じですので、お子様用防災頭巾も一緒に作ってみてくださいね♪

防災頭巾はタオルと紐があれば
比較的、簡単に作ることができます。

これならと、家族全員分の
防災頭巾を用意しておこうと思いました。

手縫いでも良く
ほどいてタオルと
紐になる点もとても良いですね!

オススメ記事

-家庭と生活
-, , , , ,