美容と健康

バジルシードのダイエット効果は?成功する飲み方は?失敗する理由は?

バジルシードのこと

バジルの種を使ったダイエットが注目を集めてますよね!

バジルというと、イタリア料理のイメージがあります。葉っぱを叩いたり刻んだりして、料理の上にさっとふりかける。ペースト状にして塗ったり、絡めたり。

私自身、バジルの香りが好きで食べる機会は多いのですが、ダイエット効果があるなんて考えたこともありませんでした。

東南アジアでは、すでにデザートとしてポピュラーなバジルシード。気になるのは、そのダイエット効果です。

バジルシードには本当にダイエット効果があるのでしょうか?そして、チアシードとの違いはあるのでしょうか?そんな所を中心に調べてみました!

スポンサーリンク

バジルシードには本当にダイエット効果があるの?

バジルシードとは、文字どおりバジルの種のことです。1グラムあたり、1キロカロリーしかなく、水を含むことで30倍にも膨れ上がる特性があります。

バジルシードのダイエット効果は、この特性を活かすことにより得ることが出来ます!

食事の前や食間にバジルシード食べることで、いつもより少ない食事量で満腹感が得られ、食べながら健康的に痩せることが出来ます。

他にもバジルシードには、食物繊維やαリノレン酸も豊富に含まれていてます。そのため、腸内環境を整えてくれるというのも嬉しいですね!

バジルシードの特徴
  • 水を含むと30倍に膨れる
  • 1gあたり1kCal
  • 食物繊維やαリノレン酸が豊富に含まれる
  • 腸内環境を整えてくれる


バジルシードでダイエットに成功する飲み方は?

今やコンビニでもバジルシードを使った飲み物が売っています。味もアサイー味やパイナップル味など、いろいろな味のものがあり、毎日気分を変えて飽きることなく、ダイエット出来ますね!

オススメの飲み方は?

バジルシードの飲み方は、食前30分~1時間前くらいに飲むのがベストです!食前に飲むことで、満腹感が生まれ、その後の食事の量が抑えられます。

まずは1日1食、一番カロリーを取る食事前に試してみてはいかがですか?

バジルシードダイエットで失敗するのはどんな時?

満腹感が得られるというバジルシードダイエットですが、やはり人によってはさまざまな意見もあります。

まったく満腹感を感じないという人がいるのも事実なのです。

そして、まだまだ一般的には売られているお店が少ないので、継続してに見続けるのが難しいということもあります。

そんな時は、通販で買う!これが一番ですね!

なお、バジルシードにはもうひとつ、大きな問題があります。

それは日本産ではなく、海外から輸入されたものであるという点。

以前にタイ産のバジルシードがカビているということで、問題になったこともあります。

そのため、品質に十分配慮されたバジルシードをお選び下さい!

バジルシードダイエットの問題点
  • 人によっては満腹感が感じられない場合がある
  • 売っているお店が少ない
  • 海外からの輸入品であり、衛生面に心配がある

バジルシードとチアシードの違いは?

バジルシードのことを調べていくと、必ず出てくるチアシードの名前。どちらも同じ種物だし。

じゃあ、この2つは、どこが違うのでしょうか?その違いをまとめてみました。

  • 水を含むと・・・チアシードは約10倍、バジルシードは30倍になる
  • カロリーは・・・チアシードは5kCal、バジルシードは1kCal
  • 食物繊維は・・・バジルシードのほうが、チアシードより多くの食物繊維を含んでいる

2つを比較してみると、吸水性や1グラムあたりのカロリーなど、チアシードよりもバジルシードのほうがダイエットには効果的です。

また実際、バジルシードの方がダイエット効果があった!という話を耳にします。

私自身、チアシード、バジルシード、どちらも試してみましたが、食事量の制限という意味では確かに効果がありました。

バジルシードに至っては、2週間で1キロ程度の減量(運動なし)に成功しましたし。

しかし、ダイエット効果がある一方で、様々な問題点もあるようです。

それは、食物繊維も摂りすぎると下痢になってしまう場合もありますし、少し弾力のある食べ物なので、小さい子供やお年寄りなどが食べる時には注意も必要になります。

スポンサーリンク

バジルシードのダイエット効果は?成功する飲み方は?失敗するのはなぜ?のまとめ

私は、バジルシードのドリンクでダイエットを試みました。やっぱり手軽ですし。

ただ、バジルシードを飲み続けても、痩せる限界があります。得られるダイエット効果は食事量の制限なので。

適度に運動を行いつつ、バジルシードを活用して食事制限!そして、ゆっくり健康的にダイエット!いつの時代もこれが一番ですね。

オススメ記事

-美容と健康