子育てとしつけ

赤ちゃんがするしゃっくりの原因と対策

2017/02/05

akachan_shakkuri

ふと気づくと赤ちゃんが
しゃっくりをしている…
なんていう経験はありませんか?

しかも赤ちゃんのしゃっくりって
割と長時間続きますよね・・・
これって、苦しくないのでしょうか?

それが気になって仕方がないので、
赤ちゃんのしゃっくりについて、
私、調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんがしゃっくりをする原因とは?

大人も子供も、しゃっくりが起こるのは、
肋骨の下あたりにある横隔膜が刺激されることによって、
けいれんが起きるためです。

特によく、赤ちゃんがしゃっくりをすると
いわれている原因は、大きく分けて2つあります。

  1. 母乳やミルクを飲むことなどにより、胃や食道の動きによる刺激
  2. おむつが濡れていることによる、体温の変化

これらによって、横隔膜が刺激され、
けいれんして、しゃっくりが起きます。

赤ちゃんのしゃっくりは、
大人以上に苦そうに見えがちですが、
実は見た目ほど苦しくはないそう。

心拍数などが大人と比べて、かなり早いため、
けいれんなども、早い間隔で起こるので、
苦しく見えてしまうだけなんだそうです。

 

赤ちゃんのしゃっくりは、病気のサインなの?

1歳未満の赤ちゃんのしゃっくりは、
正常な発達をしているしるしなので、
全く問題はありません。

しかし、普段と様子が違うしゃっくりや、
しゃっくりと一緒に、よだれや吐き気などを、
併発しているようであれば、
病院へ受診してください。

その場合は、逆流性食道炎や、
その他の病気の可能性があります。

スポンサーリンク

赤ちゃんがする、しゃっくりの止め方とは?自分でやっても大丈夫?

赤ちゃんはしゃっくりをするものですが、
やはり長時間続くと、心配になってしまうものですよね。

そんな時は、ママやお世話をしている人が、
優しく止めてあげても、良いでしょう。

おむつを替えて、体を温める
38度くらいに温めたタオルを、横隔膜がある、みぞおちあたりに置いて、温めてあげます。

ミルクや、白湯を飲ませる
もし授乳後であれば、吐いたミルクを、誤飲してしまうこともあるので、そのような時は、赤ちゃんの上半身を高くして、背中を軽くたたいたりさすったりしてあげましょう。

横向きや、うつ伏せに寝かせてみる
赤ちゃんが、げっぷをしないときにも有効ですが、必ず、そばに付き添って行ってください。

デリケートな赤ちゃんは、おむつが濡れるだけでも、
体温が下がって、しゃっくりをしてしまいます。

おむつをこまめに交換することは、
赤ちゃんの体を冷やさないためにも、
大切なことなんですね。

オススメ記事

-子育てとしつけ