北海道

2017札幌の狸まつりとは?見所やアクセス方法などをご紹介!

地元に密着したお祭りって良いですよね!その土地柄を良く知る意味でも。

そして地元民は、いつもと違う商店街の雰囲気を味わうことが出来て、魅力を再発見することができますよね!

そんな訳で今回は、札幌は狸小路1~7丁目にて行われる第64回狸まつりについてご紹介します。

スポンサーリンク

2017狸まつりの開催日は?どんなお祭り?

第64回狸まつりは、狸小路商店街にて、2017年7月20日から8月17日に開催されます。

狸まつりは、1873年から続く伝統ある商店街を楽しもうというコンセプトに沿ったお祭りです。

ちなみにこの狸小路商店街は、北海道でも最古の商店街の一つに数えられ、札幌中央区内を東西1キロほど長さを持っています。

約200の店舗が軒をつらね、観光スポットとしても人気がある商店街ですよ。

7月の最終土曜日には祭りのハイライトがあり、子供も大人も楽しめる企画が満載のナイトバーゲンも行われます。

ステージイベントや屋台もたくさんあり、食べ歩きをしながら楽しめますよ。

2017狸まつりでオススメの見所は?

第64回狸まつりの見所は、なんといっても7月最終土曜日に開かれるナイトバーゲンですね!

目玉は5丁目で開催されているビアガーデンでは、なんとビールが一杯100円で提供されているのですよ。安くてとてもお得ですよね。

お祭りなので、いつもより気分が高揚して、ビールが美味しく感じます。

またナイトバーゲンに合わせた特売品の販売や楽しいお店が開催されます。

他にも魅力的な見所が

第64回狸まつりのナイトバーゲン期間中には、野外ライブと言う魅力的なイベントもあります。

この野外ライブも狸小路1丁目で開かれ、狸まつりの恒例行事となってます。

中には毎年出演されるミュージシャンの方もおり、このお祭りの顔になっています。

狸小路の狸まつりには、まだまだ魅力があります!

狸八特例大祭、狸神輿渡御、子供神輿御、狸太鼓演奏など、お祭りらしい出し物もきちんとあります。

迫力がある神輿や活気にあふれる人たちが神輿を押しているのをみると、元気がでるし、とても楽しませてくれました。

また狸小路商店街はお祭りの期間中、狸をモチーフとしたもので盛大に装飾されているので訪れるだけでもテンションが上がりますよ。札幌の中心街をたっぷりと堪能できます。


第64回狸まつりの混雑具合は?オススメのアクセス方法は?

第64回狸まつりには、毎年大勢の地元の方や観光客の皆様でにぎわいます。

開催期間中になんと、約100万人近くの来場者がいるそうです。

駐車場はある?

狸小路商店街には合計で30か所の指定駐車場があります。

オススメのアクセス方法

狸まつりが開催されている期間中は駐車場が大変混雑するので、電車での交通手段の方が便利です。

地下鉄南北線、東西線、東豊線の大通り駅より、3丁目、4丁目まで徒歩4分ほどで着きます。

また地下鉄南北線のすすきの駅から、徒歩3分ほどで狸小路商店街に着きますよ。

スポンサーリンク

2017狸まつり開催期間中の予想気温は?オススメの服装は?

狸まつりが行われる札幌中心区の予想気温は、平均気温が24℃くらいなのです。日中、狸小路商店街を歩き回ると、汗ばむことは必至です。

なお最低気温は17℃くらいなので、夜になるとちょうど良い気温かもしれません。

予想天気も晴れとなっており、このままいけば、とても暑くなりそうです。

オススメの服装は?

日中、狸まつりを楽しむ上でオススメの服装は、半袖かノースリーブで、半ズボンかスカートがいいでしょう。

夜は少し気温が下がるので羽織る物を準備しても良いでしょう。

なおこの時期は油断していると、紫外線やら熱中症やらの危険がありますので、この点には十分にご注意を!

オススメ記事

-北海道