沖縄 花火

2017名護夏祭りの見所は?花火は打ち上がる?アクセス方法は?

2017年の7月後半。

沖縄は名護市に旅行などをされるなら、気軽に参加できる名護夏祭りに足を運ぶのはいかがですか?

名護夏祭り2017は、7月の最終土曜日曜に沖縄県名護市内の名護漁港内で開催される祭りです。

以前は「名護ビール祭り」と呼ばれていましたが、現在は「名護夏祭り~青空市とビール祭り~」と名称が変わりました。

名護夏祭り地元の商工業活性化をはかるために開かれる祭りとして知られ、2日間とも、終盤には盛大に花火が打ち上げられます。

ちなみにお祭り中は、市内にあるオリオンビールで直送の生ビールを飲むことができるので、ビール好きにはたまらなく楽しい祭りですよね!

そんな名護夏祭りの見所や混雑状況などをご紹介します。

スポンサーリンク

2017名護夏祭りの見所は?花火や出店はあるの?

名護夏祭りは毎年、来場者も増えており、2日間で約10万人の観客を動導入する地元の方に大人気のお祭りです。

その背景には、幅広い年代の人が楽しめるような様々なイベントが行われる夏祭りであるからかもしれません。

もちろん、大人同士でも楽しめる催し物が多いのが、名護夏祭りの特徴と言えるでしょう。

メインステージの催し物

  • ちびっこたちのエイサー
  • キャラクターショー
  • 浴衣コンテスト
  • ビールうま飲み大会
  • バンドライブなど

メインステージでのイベントだけでも盛りだくさんで、まさに夏祭りらしい楽しさが味わえそうです。

大人同士にオススメのイベント

名護市がオリオンビールの本拠地でもあるので、工場直送の生ビール販売の屋台も大人気です。

他にもたくさんの屋台が立ち並び、焼きとうもろこし、たこ焼き、焼き鳥、焼きそばなどの定番メニューもありました。

名護夏祭りの花火は?

名護夏祭りのクライマックスには、盛大に花火が打ち上げられます。

名護市の海岸沿いで眺める花火は格別にきれいですよ。約1000発の花火が2日連続で打ちあがり、最大1尺玉の新作花火が大きく花開くのを見ることができます。

美味しい地ビールを飲みながら見る花火は、格別に美味しいのではないでしょうか?。


2017名護祭りの混雑具合は?アクセス方法は?

名護祭りは、お子様が夏休みということもあったり、土日に開催されるということもあり、毎年かなり混雑します。

その為、アクセス方法をしっかりと確認し、スムーズにお出かけしたい物です。そこで名護夏祭り会場へのアクセス方法をご紹介します。

バスの場合

那覇空港から高速バスの名護ターミナル行きに乗り、名護市役所前で降りて下さい。

車の場合

那覇空港から沖縄自動車道に乗り、許田IC下車で国道58号に出て北上。

名護市東江4丁目を過ぎて、左側の名護漁港へ向かって下さい。

なお近くには駐車場はあります。

満車の場合は21世紀の森の駐車場や、名護市役所は臨時駐車場として使用できます。

スポンサーリンク

2017名護夏祭りの予想天候は?台風の場合はどうなる?

平成19年度の第30回の名護夏祭りは、台風4号の影響で花火大会が中止となったこともありました。

今年2017年も雨天の場合は、名護祭りは中止となるようです。

なお2017年の7月の那覇の予想気温は、最高32℃となっています。まさに夏本番なので、日差しがきついし、熱中症にはかなりの注意をした方がいいですね。

日中はこまめに水分補給をして、日焼け止めクリームを塗布して日焼け防止に努めて下さい。

ちなみに男性ならタンクトップやTシャツ、ハーフパンツ。女性なら薄手の長袖で日差しをガードしつつ、ショートパンツなどを着用するのがオススメです。

オススメ記事

-沖縄, 花火