北海道 旅ナビ

札幌や函館の6月はどんな気温?服装はどうしたらいい?どんなイベントがある?

札幌時計台

6月と言えば、全国的にジメジメした梅雨の季節ですが、北海道に関してそんな事はありません。

そう、北海道には梅雨がないのです!

一年中、人気の北海道は6月、梅雨がない事でさらに魅力的な観光地へとなります。

今回はそんな北海道の中でも特に人気の札幌、そして函館に6月訪れる時の過ごし方をご紹介します。

スポンサーリンク

札幌の6月はどんな気温?どれぐらい冷え込む?

6月の札幌の平均気温は、21℃から22℃くらいです。

風が強く吹く日は身震いするほど寒く感じることがある一方、日中の最高気温が30℃を超え、初夏のように感じる日もあります。

注意したいのは最低気温が10℃を下回る日です。そんな日は朝晩の冷え込みが厳しいです。

ただし6月ともなれば、梅雨のない北海道は安定した爽やかな天気が続き、過ごしやすいシーズンの到来となります。

夏至が近い6月には、朝は4時くらいから夜が明け始め、夕方の7時を過ぎても外が明るいので、観光にはとても良い季節ですよ!


札幌の6月はどんな服装が最適?

6月の札幌は、晴れ間が続き観光には最適な時期です。

初夏でもありますし、日差しが暖かく昼間でも30℃をこえることもあります。一枚薄めのアウターを羽織り、インナーに長袖か半袖のカットソーを着ることをオススメします。

逆に朝晩は10℃を下回ることもあるので、ジャケットやパーカーなど少し厚めのアウターを着ることが望ましいでしょう。なおその際、インナーは汗を吸い取りやすい物がいいと思いますよ。

女性は足元が冷えることもあるので、動きやすいパンツスタイルがオススメです。また室内と室外の気温差もあるので、冷え性の方は特にカーディガンを1枚持っていきましょう。

6月の札幌ではどんなイベントが開かれる?

札幌駅

6月の札幌でのイベントでは、短い夏を楽しむイベントがたくさんあります。「北海道神宮例祭」「YOSAKOIソーラン祭り」「花フェスタ」などが有名なところですね。

ちなみに私自身、花フェスタを楽しんだことがありまして、2017年で25回目を迎えるそうです。

見どころは、高校生のガーデニング甲子園。

全道の農業高校生が参加して、日頃の成果を披露するガーデニングのコンテストが開かれます。来場する多くの人にとってのお目当ては、花市場!

園芸やガーデニング関連の品物が豊富なので、花好きさんにはオススメのイベントですよ!

スポンサーリンク

6月の函館で行われるイベントは?

今度は函館に目を向けてみましょう。

札幌と函館、同じ北海道ではありますが、本州の人間には驚くほどの距離があります。とはいえ、服装などは先ほど触れた6月の札幌に合わせたもので対応可能です。

6月の函館を代表するイベントは、国内の競馬場で最も古い歴史を持つ函館競馬場で行われる夏競馬の開催です。例年6月の土日に開催されており、熱狂的なレースが繰り広げられるので、見どころが満載です。

家族や友人と訪れても楽しめるように、函館で大人気のラーメンや、スープカレーなどのご当地グルメがたくさんあったり、お子様も楽しめるイベントも開催しているので、1日中楽しめる、とても充実した施設なので競馬好きじゃなくてもオススメですよ!


函館の代名詞!オススメの夜景スポットは?

函館の夜景

6月に限らず、函館と言えば100万ドルの夜景!

函館のオススメ夜景スポットと言えば、なんといっても北海道三大夜景の一つとして知られる函館山でしょう!

函館山は世界三大夜景としても有名で、日本人だけでなく、海外から訪れる観光客からも人気がある有名なスポットです。

展望台まではロープウェイが運航しており、登る際にも景色を楽しめます。屋内と屋外に展望台があり、どちらでも夜景が楽しめますよ!

ちなみに函館山から見える夜景には伝説があり、なんと「ハート」という文字が浮かび上がるそうなんです。一緒に見つければ、ふたりは幸せになれるとか・・・

そんなロマンティックな夜景を見に、函館山に行ってみてはいかがでしょうか?

オススメ記事

-北海道, 旅ナビ